練馬区の電車の見える公園でパンとコーヒー(メルシーライフオーガニックス)

練馬区の北町、旧川越街道沿いに新しいパン屋さんが出来たと教えてもらいブロンプトンで探索に。

旧川越街道って江戸時代から続く建物も残っていれば、昭和の香りのする古い商店街もあったり。そんな中に、突然、お洒落なお店が出来たりしてカオスな感じが、ちょっと残念な川越という雰囲気があります。

住んでいる方、申し訳ありません。けなしているつもりではなく、頑張れば川越になれたのにな…と、普通の商店街よりは上のレベルである事を言いたいのです。

元々このあたりは、練馬唯一の宿場町で、「下練馬宿」と呼ばれていた場所なのです。面影は徐々に薄れつつありますが、それでも他の商店街よりは、「何かあるな、ここには」という雰囲気が漂っているのです。

そんな中に、新しく出来たパン屋さんが「メルシーライフオーガニックス」

Instagramなどは岡山の情報がメインなのですが、あちらではすでに名所的なお店になっているようです。

その東京店が東武練馬から徒歩5分ぐらいの北町の北一商店街にあります。

一番人気はクロワッサン。

フランス産発酵バター、有機小麦粉、自家製酵母など自然由来な食材をなるべく使用し、安心して食べられるパン作りを行っています。

こちらは週末限定のキーマカレーパン。

練馬にも人気のパン屋さんはいくつもありますが、どこもどこかローカルの香りをさせるお店なのに対し、こちらは代々木公園から代々木上原あたりを拠点とし、そのうち日本橋の高島屋や三越に招致されるようなパン屋さんの雰囲気を持っています。

このパン屋さんのある北一商店街が、宿場町にルーツを持つ雰囲気を残すように、このお店にも、ただの人気のパン屋さんとは違うという雰囲気を感じるのです。

■Merci life organics
(メルシー ライフ オーガニックス)
■東京都練馬区北町1-32-2
■営業:10:00~18:00
■定休日:火曜
■場所はこのへん
オフィシャルサイト
お店のInstagram

メルシーライフオーガニックスに一番近い公園が、練馬区立の「電車のみえる公園」。

「電車のみえる公園」という名前の公園は、板橋区にもあるし、その他、色々あるようです。

小さい男の子を持つママは、子供が喜ぶという事で、電車の踏切近くで子供をあやしている事が多いですが、そんなママ達にとって「電車のみえる」というわかりやすいフレーズの公園はありがたいでしょうね。ここで遊ばせておけば…という。

実際に奥に見えているのは東武東上線です。

この公園の良い所は、敷地の半分が遊具がメインの児童公園の雰囲気なのに対し、残り半分が芝生的な刈り込まれた草地という所。

レジャーシートを広げてのピクニック的な使い方も出来るし、ファミリーがキャンプのテントの試し張りも出来ます。

最近、パンを買って公園で食べよう的な事をやっていて気がついたのですが、大きな池のある公園は高齢者を中心とした公園になりがちで、芝生エリアのある公園は小さい子どもを持つファミリー中心の公園になりがちです。

大きな池があると、ヘラブナ釣りの高齢者が集まり、高齢者が多いから居やすいと、女性の高齢者も増えていくのではないでしょうか?

逆に、芝生メインの公園は小さい子どもを持つファミリー層や、女子会みたいなグループが多いので、高齢者は浮いてしまい、居心地が悪いのでは?と、オジサンが思いました。というか高齢者じゃないオジサンもそう感じています。

この公園も、児童公園に近い雰囲気のファミリー層がメインなので、オジサンは浮いてしまうのですが、お酒を飲む訳じゃないので勘弁して頂き、チェアリングをかねたパンとコーヒーです。

東京の公園は火気禁止なので、サーモスで野点。

一番人気のクロワッサンは、今までに食べたクロワッサンよりも、バターの風味が突出しています。小さな公園で頂いているのに、優雅な気分になってきました。

このぐらいパンが強くなってくると、コーヒーの豆もいいヤツで淹れないとバランスが取れなくなってきますね。自分のお気に入り、中野のMUTOまで豆を買いに行きますかね。

@charicafe

旧中山道沿い、練馬区北町に出来たパン屋そん、メルシーライフオーガニックでテイクアウトして、電車の見える公園でチェアリング! #チャリカフェ #ポタリング #公園ピクニック #パン屋巡り

♬ 空はまるで – MONKEY MAJIK
Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

板橋区の見次公園で、パンとコーヒー(with コパン モンマルトル)

100円ショップの中ではダイソーのキャンプ用品が充実しているのですが、小規模店舗だとその一部しか置いていないので、一番近い大規模店舗のDAISO ヒューリック志村坂上店に行く事に。

志村坂上店となっていますが、上板橋との中間ぐらいの地点。

ダイソーを偵察するついでに、「パンと公園」シリーズもやりたいと周辺情報をチェック。ダイソー方面に行く手前に上板橋周辺に「コパン モンマルトル」という人気のパンやさんがある事がわかりました。

奥にカウンター形式のイートインスペースもあったのですが、公園でパンが目的なので、テイクアウト。小さめの惣菜系のパンがあるのが嬉しい。何種類か食べたいので。

最近は残すぐらい大きめのサンドイッチがブームだったりするので、小さくて美味しそうで、さらにお手頃だと嬉しくなってしまうのです。

■COPAIN MONTMARTRE(コパン モンマルトル)
■東京都板橋区常盤台4-21-12
■営業:7:00~18:30くらい(売り切れ次第終了)
■定休日:月曜日
場所はこのへん
お店のInstagram

板橋区前野町のダイソーに。かつては、ビル全体がジョーシン電機だったらしいのですが、撤退後は、しまむらやノジマ、そしてダイソーがフロアごとに。ワンフロアがかなり広いので、ダイソーも100円の商品はもちろん、300円のブランドTHREEPPY の商品も置いています。

アウトドアブランドだと1つ700〜1000円する折りたたみのカラトリーシリーズも全部100円で売られています。まだギアをあまり持っていないアウトドア初心者にはありがたいかぎりです。

僕が買ったのは真ん中上の鉄板。目玉焼きが二つ見えるヤツ。通常の100円ショップではタバコの箱サイズの鉄板しか売られていません。こちらは3倍の330円ですが、料理の実用性で行ったら3倍どころの話じゃありません。

初心者だからシングルバーナーや焚き火で使う時に失敗もあると思いますが、330円だったらダメージは少ないです。

さて今日の目的地、見次公園に行く手前に入浴施設の「さやの湯」があります。数々のお風呂の他にサウナもあります。スチームサウナが、他ではあまりない塩をガンガン使えるタイプの塩サウナなので、サウナーもぜひ。

公園でパンをやってからサウナで整うか?サウナで整ってから、公園の外気で追い整いをやるか。ご自身でプランを組み立てましょう。

さて今回の公園は都内でも数少なくなった湧水による池のある公園「見次公園」です。

池があるとヘラブナ釣りの高齢者が多く、そんな雰囲気で散策する女性の高齢者も多くなっていきます。

逆に、芝生がメインの公園だとファミリー層が多くなる。最近の「パンと公園」シリーズをやりながらいろんな公園をめぐり、何となく気づいた感想です。そのうちやりますが、近所の城北公園も林エリアと、芝生エリアで、集まる人が全然違いますしね。そんな観察も面白いです。

一応、ヘリノックスのチェアゼロも持っていたのですが、今回はこのベンチに陣取る事に。

サーモスで野点コーヒーをして、コパン モンマルトルさんのパンを頂きます。パンの下に敷いたのがダイソーで買った鉄板です。ウエットティッシュで拭いたけどね。このサイズ感だと色々焼けて実用的でしょ。鉄板を皿代わりにした、主役のパンも美味しかった!

食べてる途中、お婆ちゃんに、自販機で買ったスクリュータイプの缶コーヒーの缶が固いから開けてと言われ、開けてあげると「やっぱり若いと力持ちねえ」と言われました。

いえいえ、若くないです。オジサンです。先輩。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ