3米3(練馬)

人生の中で「七草がゆ」を食べたという記憶がありません。お粥というと風邪をひいた時とか、胃カメラ、直腸カメラの検査前とか、病気に結びついている事が多かったです。

ご馳走として好んで食べたのは、江古田にあった珍竹という中華のお店。ここの五目粥が美味しくて、唯一、病気とは関係なく食べていた気がします。

そういう意味では練馬の「3米3」も美味しいから食べたくなるお店。7日に七草がゆのニュースなどをみて、食べたいスイッチが入っていたので、行って来ました。あいかわらず女性客を中心に人気で、ほぼ満席状態。

頂いたのは人気メニューが入ったいわゆる全部入りのような「ミックス」

海老、鮭、鶏肉、豚肉、しいたけ、枝豆、生姜、ネギ、ピーナッツ。7草に比べて豪華な具の数々。中でもピーナツは歯ごたえもあってパンチがある一品。パティスリー系のパフェを食べると、フルーツやアイスクリームからの食感を変える為に、途中にナッツが仕込んである事がありますが、それと似た感じ。

優しい舌触りのお粥を頂いている所で、パリパリ食感のピーナツが挟まれる事で、変化が生まれます。

こういうお粥もアウトドアで作ってみたいなと想ったりしますが、メスティンで作れますかね?台湾粥。

■3米3 練馬店
■東京都練馬区練馬1-23-2
■営業
11:00〜15:30(L.O. 15:00)
17:00〜20:00(L.O. 19:30)
■定休日:第1と第3火曜日
■場所はこのへん
お店のサイト
練馬店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

3米3 練馬店(練馬)


年に1度ぐらい、無性に天下一品のラーメンが食べたくなる時があります。そういう時は、だいたい風邪をひきそうみたいな体調の時で、風邪に備えて葛根湯を飲むように、超こってりでエネルギーをチャージしておこうというように、無意識に脳が要求するようです。

また、年に1回ぐらい、ケンタッキーフライドチキンを無性に食べたくなる時もあります。こちらは逆に、メチャメチャ調子がいい時で、今ならあの油っこいチキンもやっつけられるぞ!と、チャンスシグナルを脳が受信するようです。と言いつつ、どちらも食べた後で、ちょっとだけ後悔するのですが。

今日は「何か体にいい物が食べたい」シグナルでした。添加物が入っていなそうな物。再びの猛暑で体が疲れているのでしょうか?真っ先に思い浮かんだのが練馬の3米3です。


お粥専門店なのですが、以前から密かにチャレンジしたい物がありました。それは平日のランチ限定の温玉ルーロー飯。

仕事のシフトが変わってから、平日のお昼は金曜日しか江古田界隈で食べる事が出来ず、この日を待っていました。

タレに漬け込んで甘辛く煮込まれた豚肉と、シャキっとしたネギの辛みがほどよく絡み食が進みます。中盤から温玉を崩し、お行儀が悪いですが、豚肉、ネギ、温玉を、ご飯に味が絡むようによくかき混ぜます。カレーを全部かき混ぜたりすると叱られたりしますが、石焼きビビンバと同じと言い聞かせて、まぜまぜしながら全体に味をなじませます。

マナー講師の方には大変申し訳ないのですが、旨いです。これが自分にとっての旨い食べ方です。最後の方、食欲不振問題を忘れたかのように、一気にかき込んでしまいました。食べ方の正解は、人それぞれ。

■3米3 練馬店
■東京都練馬区練馬1-23-2
■営業
11:00〜15:30(L.O. 15:00)
17:00〜20:00(L.O. 19:30)
■定休日:第1と第3火曜日
■場所はこのへん
お店のサイト
練馬店のInstagram

Pocket
LINEで送る



にほんブログ村 自転車ブログへ