ルパン(天王台)

我孫子のお隣、天王台。こちらで仕事のお相手と待ち合わせ。ちょっと早めについたので、駅前の喫茶店ルパンに。

地元の常連さんのたまり場的な感じで、お客さん同士も顔見知り。ちょうどランチタイムでしたが、先ほど我孫子の弥生軒6号店で、唐揚げそばを食べたので、ドリンクだけで大丈夫か聞いてから、店内へ。

店内でタバコの匂いが漂ってきました。東京ではもう店内禁煙が定着しているので、すっかり忘れていましたが、千葉はまだタバコを吸えるお店が残っているのですね。

見回したらレジはタバコ屋さんを兼用していました。

3月になって急に暖かくなったので、コートからフーディッドへ。前はウインドブレイカーって言ってたけど、raphaなどのサイクルアパレルなどではフーディッドって言うように。ベストもジレだし。

とにかく暖かくなったので、冷たいのが飲みたくてメニューでクリームソーダを探したのですが無かったので、メロンソーダ480円にフロート200円を注文。そしたらカウンターに「クリームソーダ1」とかけ声。だったらクリームソーダをメニューにのせてよ!という感じ。

しかし春ですねえ。冷たい物がおいしく感じます。

■ルパン
■千葉県我孫子市柴崎台1-10-3-101
■営業
8:45~20:00(月〜金)
9:30~20:00(土)
■定休日:日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

弥生軒6号店(我孫子)

仕事で千葉県の我孫子に行くことがあったので、鉄道ヲタク、立ち食いマニアの間で有名なホームの駅そば、弥生軒6号店に行ってきました。

定食の「やよい軒」とは全く関係ありません。元々は常磐線で人気の駅弁屋さんだったのですが、東北新幹線が出来てからは東北への旅は新幹線が主流となってしまい、駅弁屋さんから立ち食い蕎麦のお店に転換。それが功を奏して人気のお店に。

弥生軒では、裸の大将でおなじみの山下清さんが働いていた事もあり、駅弁の包み紙に山下清さんの絵が印刷された物を使っていました。

半年働いては放浪の旅に出て絵を描き、またふらりと帰って来る、男はつらいよの寅さんみたいな生活をしていたそうです。

こちらの名物と言えば「唐揚げそば」440円。

もも肉半分という巨大な唐揚げが名物。だいたいの人がこれを頼み、1日に1500個ぐらい出るそうです。1枚をそのままんま揚げているので、かぶりついても、噛みちぎるのが大変。

もう一つ特徴的なのは、蕎麦が白い。最初、うどんが出て来たのかと思いました。うどんのメニューは別にあります。二八蕎麦は、蕎麦八割小麦粉二割と言われますが、逆に小麦粉八割なんじゃないかと思うぐらい。

味も蕎麦っていうより、うどんぽい。かき氷のシロップって味は一緒で色で脳内が錯覚を起こしているといわれますが、白い麺の見た目で錯覚を起こしているのかも。

よく放送でもこの唐揚げそばの話題が出るので、写真を撮れたのは大きいです。放送では人の写真は勝手に使えないので、話題が出た時にパッとSNSにあげられる写真を持っているのは強いです。

■弥生軒 6号店
■千葉県我孫子市本町2-4-3 JR我孫子駅 1・2番ホーム
■営業
7:00~23:45(平日)
7:00~22:00(土)
7:00~20:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ