熟成焼肉 格之進TOKYO(桜台)

全国のスーパーのお弁当や惣菜のコンテスト「お弁当・お惣菜大賞2020」の結果が発表され、西友の「鮭ハラスの照り焼き重」が優秀賞を受賞していたので、あったら番組で取り上げようかと思って買いに来てみたら、桜台店には売っていませんでした。ちなみに練馬店にも無かったです。

「鮭ハラスの照り焼き重」は無かったのだけど、久しぶりにお弁当コーナーを覗いてみたら「赤魚の塩焼きの弁当」とかハーフサイズの弁当とか、かなりヘルシー志向のメニューも増えていました。かつては、濃い味付けの揚げ物弁当が多かった印象ですが。

ちなみにスーパーのお弁当でグランプリに輝いたのはロピアの「鯛の旨味あふれる鯛飯」。ロピアといえば、カトパンの旦那さんが社長のスーパーですね。

練馬の西友に向かおうと路地を通ったら、焼肉の格之進がランチをやっていました。かつては夜だけだったのですが。やはりコロナ禍で蔓延防止など出されるとよるだけでは難しいんでしょうね。

メニューを見たらハンバーグ定食がありました。

かつて格之進はサンドイッチのサブウェイとコラボして、「金格バーグ」を販売した事がありました。

格之進の牛肉に「白金豚」を加えた合い挽きのハンバーグで、「ガイアの夜明け」で取り上げられた事で、どのお店も連日売り切れで、見つけるのに苦労した記憶があります。

あと今、東京駅のグランスタ東京とか、六本木とか「格之進のハンバーグ」が名物キーワードなのに東京1号店の練馬で話題にのぼらない不思議。まあ自分も桜台でランチが始まってるの気づかなかった訳ですが。

よし、久々にハンバーグを食べようではないですか。

ハンバーグ定食は、1100円。ハンバーグは厚みはありますが、ちょっと小ぶりです。ハンバーグが2つのダブルハンバーグ定食は1760円。

天井からの強力な照明で写真がトンでしまっていますが、薬味は左から、ワサビ、ポン酢、大根おろし。

「塩胡椒で味付けしているので、そのまま召し上がれますが、お好みでどうぞ」との事。

箸で割ってみるとあふれ出る肉汁。金格バーグと同様に、黒毛和牛と白金豚の合い挽きでしょうか?でも、牛の獣くささが全くなく、豚の甘味が前面に出て来ます。全部豚?って思えるほどです。

この豚の甘味を堪能するには、最初は薬味なしで食べた方がいいかも。ラーメンの無化調みたいな感じで、余計な物を足さないで味わいたい感じがします。せいぜい、大根おろしでしょうか。

もっとボリュームが欲しいという方もいらっしゃるでしょうが、食べる量を抑えている自分にとっては、ご飯も抑えめなのが逆に嬉しいです。最近、ご飯少なめでとオーダーしても、減らしすぎが怖いのか、ほぼ減らさないお店が多いんですよね。特にエスニック系。

リモートで仕事だけど、自分的には頑張った時に食べたい、ご褒美ランチかも。

■熟成焼肉 格之進TOKYO
■東京都練馬区桜台1-8-3
■営業
1月21日〜の蔓延防止期間
11:30〜15:00(L.o14:30)
17:00〜21:00(L.o20:00)
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

マサラハット 東長崎本店 (東長崎)

蔓延防止でマジで外に出てなくて、Apple Watchにもっと動けと叱られっぱなしです。特に休日に外に出るのはランチと夕方の買い出しのみ。

なので、ランチのついでにママチャリで東長崎をウロウロしてみました。中華シェフから、家飲みするんだったら東長崎の魚屋がお勧めと教えてもらったのですが、残念ながらお休み。

さらにウロウロしていると、大きな旗を発見。これは何の旗でしょうか?国旗を調べてみると、色と形はチェコなんだけど模様が入っておらず。アメリカのレコードなどを扱うカフェなので、州の旗とかも調べてみたけど該当せず。いったい何の旗なんでしょうか?

安くて旨いという庶民派ラーメンの「西ちゃん」の向かいの植木に何やら注意書きの札が。

近寄ってみると、カレーに使えるローリエを誰か貰って欲しいとの事。江古田界隈には、マサラ部というカレーを研究するシェアハウスがあるという噂なので、そういう方々どうでしょう?

今回は、東長崎のマサラハット本店に。店先に植木があるので、さっきのローリエもらってやったらいいのでは?カレー屋さんなんだし。

さて、本店と書きましたが、ここは池袋、原宿、渋谷に支店をもつお店。けっこうやり手なんですね。池袋店を調べたら、閉店した東急ハンズの裏手、自転車屋さんのY’Sロードのすぐ近くでした。なんで気づかなかったのだろうと思ったらビルの4階。上を見て歩いていないんですね。

東長崎の本店も人気のようで、この日はテイクアウトのお客さんが多かったです。電話注文して取りに来るとか。蔓延防止守っている人も多いんですね。

頂いたのは、Dセット。2種類のカレー。ナンorライス。サラダ、シシカバブー、ドリンク、デザートで、1000円。

シシカバブーは、メニューにはシークカバブと記述されているので違うのか?とその場でスマホで調べてみると、アラビア語圏がシシカバブーで、インドではシークカバブと呼ぶようです。

食後、お店オリジナルのドレッシングを買って帰る人もいました。ポスターも貼ってあり、400円。

カレーはチキンとマトン。ライス派なんですが、サフランライスが日本米っぽいのがちょい惜しい。これは日本人に合わせているのでしょうか?カレーと長粒米のバランスに目覚めてからは、そっちばかりを追ってしまいます。

辛さを指定するのを忘れたのですが、チキンもマトンも辛さ控え目のマイルド。中辛ぐらにしておけばよかったかな。

シークカバブとタンドリーチキンは食べている途中で、提供されました。

半分ほどそのまま食べて、残り半分はほぐしてカレーに絡めてたべるやり方に。最近そういう混ぜるスリランカ風の食べ方にハマっています。ぜひ、いろんな味の融合があって面白いです。ぜひお試しを。

P.S.日本のカレーは混ぜません。そこは一線を。

東長崎では北口のタージマハルもお勧めです。特に辛いのが好きな方には。

■マサラハット 東長崎本店(Masala Hut)
■東京都豊島区南長崎5-33-40 片桐ビル1F
■営業:
11:00~15:00
17:00~23:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ