かえる食堂(要町)

季節の変わり目のルーティンである要町の「かえる食堂」。

今回は、もう一つ目的があってやって来ました。

ハウスの「選ばれし人気店」というレトルトカレーで、かえる食堂の黒坦々カレーが発売されているので食べてみたのですが、なんとなく方向性は遠くないのだけど、もうちょっとパンチが欲しい感じ。

かえる食堂のお店のカレーを食べた事がない人のレビューを読んでみると、花椒が効き過ぎとか、辛すぎとか書かれている物もありましたが、お店のカレーは、もっと辛いし、痺れます。

それで、このレトルトに何を足したらお店っぽくなるのかというのを確かめに来ました。

黒坦々カレーに、手羽元1本プラスして、1100円。

やはり、お店で食べるカレーの方が刺激があります。ハウスのレトルトの開発秘話の所にも書いてありましたが、提供する直前に黒胡麻、黒胡椒、花椒をひいて香りを立たせています。これはレトルトだと難しいんでしょうね。

なんとなく、黒胡麻、黒胡椒、花椒がポイントである事はわかりました。

個人的には、もう少し辛みも欲しいので、お店でも使っているカイエンペッパーも用意しましょう。

という訳で、レトルトをお店の味に近づける実験を開始。

まず、通常はこんな感じ。まず本物と比べて一番足りないなあと思ったのが、黒胡麻です。お店のには目立つぐらいどっさり入っています。

そこで、レトルトの上に黒胡椒を擦ってパラパラと。そこに花椒も足して香りを立て、カイエンペッパーで辛みもプラス。

そして最後に黒胡麻もどっさりかけてみました。

根菜類の食感が楽しいのは、お店に近いので、スパイスで香りを足してみたのですが、黒胡椒を足したのがいい感じです。花椒の痺れ刺激をプラス。黒胡麻は直前に擦るようにすれば良かったかな。

でも、レトルトがより美味しくなった感じがします。

この名店シリーズは色々出ているので、お店の味とレトルトの食べ比べというのも、面白そうですね。

■かえる食堂
■東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘 1F
■営業:11:30~17:00
■定休日:日月
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

不純喫茶 ドープ(中野)

「諸説あります」はチコちゃんの常套句で「スタッフが後で美味しく頂きました」ぐらい保険として使われている言葉です。

でも「純喫茶」の「純」の意味は、本当に諸説あって、アルコールを出せるか出せないかの違いとか、「飲食店営業許可」と「喫茶店営業許可」の違いとか、ずーっと遡って、大正時代にカフェと名乗って女性にキャバクラ的サービスをさせるお店が出現したので、それとの差別化とか、いろんな説があります。

意外に素朴な疑問のようで、正解の裏取りが出来ないので、結局「諸説あります」となりがちな話題です。

さて、こちらは「不純喫茶」を売りにするお店「ドープ」。

インスタ映えを狙いに行くような輩が多いから不純なんでしょうか?それとも夜はスナックに業態替えするので不純なんでしょうか?

その前に、ご注意を。

まず、こちらのお店、現金がいっさい使えません。使えるのは電子マネーとクレジットカードのみ。

よく郊外の街道沿いのラーメン屋さんが、夜中に窓ガラスを割られて盗難にあったとか、コインランドリーの両替機が破壊してお金が盗まれたりというニュースがありますが、電子マネーオンリーだと、お店に釣り銭や売上金を置くリスクが減るので、防犯上はいいでしょうね。

あと、電子マネーで、全て自動で銀行口座に記帳されれば、会計ソフトなどを使って自動で帳簿が出来るので、楽っていうのもあるのかもしれません。

その昔、中野腐女子シスターズという、中野のサブカル女子をテーマにしたアイドルグループがありましたが、僕が行った時間帯はそんな感じのお客さんが多かったです。

髪がピンクとかゴスロリとか、男装に近い感じの方もいましたね。外国人の方が喜びそうな、ザ・中野がありました。

頂いたのは、クリームソーダと昭和プリン。やっぱ映えますねえ。この写真から、インスタでウケたいオーラが出まくりですね。不純な動機バリバリです。

■不純喫茶 ドープ
■東京都中野区新井1-9-3 グレースヒルTMY 2F
■営業:12:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ