CURRY POT(石神井公園)


免許の更新の為に石神井警察署に行く予定があったので、ミニベロを出動させて、久々にチャリカフェっぽい事を。

コロナになってからロードバイクに乗っていない事を話したら、自転車に乗らない皆さんからも、自転車でサイクリングはもうOKでしょ的な反応が多く、まずはミニベロでのポタリングから始めてみました。

江古田から石神井公園まで、千川通りを使わない車の少ない裏道ルートも覚えていて、何だか懐かしい感じ。


石神井公園から石神井公園駅をかすめて北へと向かう道は整備されていました。自転車レーンも設置されています。歩道に自転車の通り道を作るより、この方が歩行者の歩きを注意する必要が無いので便利。歩道に自転車の通る所を色分けする自歩道は、歩きスマホやイヤホンの歩行者が多く、危険です。自転車は軽車両なので原則車道が、徐々に定着してきているので、こういう整備の方がありがたいです。


さらに北上し、関越道の入り口を左に観ながら新目白通りを渡って行きます。この付近は23区でも一番の陸の孤島と言われていて、駅が無い地域。大江戸線が延伸して、やっと駅が出来る地域です。なのでバス社会で、細い道でも大型のバスが通るので、ちょっと注意が必要。


練馬清掃工場が見えてきたら、もう少し進んで突き当たりを左折。角にファミマがあります。


土支田通り沿いに2022年3月14日にオープンしたばかりなのが、CURRY POT。インスタで開店準備の様子などが流れて来ていたので来るチャンスを探していました。


昨年9月にここに「カフェ・チル」というのがオープンしているのですが、コロナ禍で短期間で閉店したらしく、お店はほぼ居抜きらしいですが新店のように綺麗です。入り口からカウンターが並んでいるのですが、奥は広いですし、転機の良い日はテラス席も良いかと。テラス席はペット可のようです。

平日の昼だったのですが、春休みなのか高校生らしき2人組が「ここいいねえ」と語り合っていました。

前菜は練馬で採れた野菜のサラダ。緑色のはほうれん草のソースです。石神井公園とか大泉の方は畑も多く、地産地消というのが地元愛のキーワードとして目に見えやすいですし、新鮮野菜を使っているというブランディングとして強みとなると思います。


頂いたのは、スリランカ式バターチキンと、台湾の馬告(マーガオ)という山胡椒を使ったキーマカレー。

胡椒なんだけど麻婆のような山椒もチラつくような始めての刺激。台湾料理などにも使われているので中華がチラつくのは間違いではないと思いますが、花山椒よりは黒胡椒寄りという、お伝えするのが難しい味です。でも新鮮で、これは人気出るだろうなあという味。

もう一つは、スリランカ式バターチキン。練馬界隈に多いインドネパール系のお店のバターチキンは、バターの多さとナンのギーで、油こってこてな感じが苦手なのですが、スリランカ式なのか、ほどよい優しさの中にもスパイスが立っていて、いい感じです。チキンもゴロゴロしているし。

まだオープン4日前という時にお邪魔しているのですが、接客も素晴らしく良い感じでした。

これは自分の妄想なんですが、このスパイス感だと、通常のライスの他にバスマティライスかジャスミンライスが選べるようになると、マニアックなスパイスカレー好きを虜にするような気がします。日本の米じゃないカレーが食べたい脳になっている自分としては。カレーライス、ライスカレー的な物には日本のお米が合うのですが、スパイスカレーに合わせると甘味と弾力が強いので、ジャスミンライスとかの方が、スパイスの良さを引き立たせてくれるような気がします。

まだ開店4日目だけど、まだまだ可能性を感じるし、これは人気店になってしまいますね。たぶん。

■CURRY POT(カリー ポット)
■東京都練馬区大泉町2-12-2 ステープル大泉 1F
■営業:
11:30〜14:30
15:00〜21:00(LO:20:00)
■定休日:月曜(祝日の場合翌日)
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ヴィノテカ ラ・ガッツァ (石神井公園)

石神井公園

石神井警察署で免許の更新を終え、そのまま坂を下れば石神井公園。平日だけに人もまばらですが、釣りをしている人も何人か?まあ自分も平日休みなんですが、何をしている人達なんでしょう?…なんて、素朴な疑問が。

ラ・ガッツァ

その石神井公園を見下ろす一等地にあるのが、ヴィノテカ ラ・ガッツァ。かつては、この地で1996年より18年間続いた「ロニオン」というレストランだったのですが、ここで15年間マネージャーを務めた方が、お店を引き継ぎ、リニューアルオープンさせたのが、「ヴィノテカ ラ・ガッツァ」です。

看板

平日は14時からティータイムで、この時間は、女将の作る、デザートとドリンクのセットがあるとの事なので、ちょっと寄ってみる事にしました。

デザート

デザートはいくつか選べたのですが、選んだのは「マスカルポーネのセミフレッド 森の赤い果実のスープ仕立て」こちらと紅茶のセットで900円。注文するときに、女将さんに、一番色鮮やかなのはどれですか?と聞いて、こちらにしました。やっぱこの時期はイチゴには勝てないよなあ。

この日は何故か、紅茶な気分だったのですが、やっぱり合うんだなあ、こういうのには。正解!

CB50R

お会計の時にレジの向かいに置かれていたバイクに目がとまりました。HONDAのドリーム50じゃないですか!しかもファクトリーマシンのカラーリングを施したスペシャルエディション1000台限定モデルですよ!モンツァレッドのタンクにつや消しブラックのマフラー!これ欲しかったんだよなあ。原付だけど、40万近くして手が出なかった覚えがあります。

思わず「懐かしいバイク置いてますね」と言ったら、女将が「主人の物で」と。自分はバイクの事はさっぱりわからないのだけど、男性のお客さんに「懐かしい!」と言われる事が多いそうです。

ヘッド

シリンダーから左右に大きく張り出したムカバーの形から、「ミッキーマウス」という名でも呼ばれたエンジン。思わず中古の相場を調べたら、50万円弱。値段落ちてないのね。欲しいけどなあ。

■ヴィノテカ ラ・ガッツァ
■東京都練馬区石神井町3-10-11
■営業:
11:30〜14:00(平日ランチ)
14:00〜18:00(平日ティータイム)
11:30〜15:00(土日祝ランチ)
18:00〜21:00(ディナー)
11:30〜25:00(バー)
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

バイクの話を書いていたら、HONDAのモンキーが生産中になるニュースが!8月末で生産終了そうです!今年強化される排ガス規制を、50ccのコストでクリアするのは不可能となったそうで、例えクリアしても、2021年には、さらに厳しい規制がやってくるのだとか。もう、原付は電動になるしかないとの事。

そういえば、郵政カブが全て電動化されるというニュースもありましたが、これと関係しているんですね。じゃあ、そのうちスーパーカブも無くなるのかなあ。時代とはいえ、寂しいですねえ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ