チックフリックベイク(東長崎)


江古田と東長崎の境界、補助26号線は絶賛拡張工事の準備中。

この延長線上の千川と千早高校の間も拡張工事で土地買収が進んでいますし、大山方面から新目白通りに抜ける広い道路を作るためにブロックブロックで拡張している感じです。


地図の左の青い部分が補助26号線。こちらに案内されている工事は千川通りのセブンイレブンから、西武線の踏切を越えた部分まで。

セブンイレブンも元々はジョナサンだったのですが、拡張工事の為に撤去し、セットバックしてセブンイレブンに。


この拡張工事に引っかかったのが、正面の黒い建物チックフリックベイクです。

移転の為に9月一杯で一旦閉店し、移転するとの事ですが、移転場所はまだ決まっていないそうです。


江古田〜東長崎界隈に住んでいるのに入った事がない人も多いかと思いますが、知る人ぞ知るお店というか、「林修の初耳学」では通が教えるハンバーガーが旨いお店として紹介されいますし、「水曜日のカンパネラ」の2代目VO.の詩羽さんがアディダスとコラボした時に、色々撮影したのが、このお店です。


この日、1階は他のお客さん達でいっぱいだったので撮影出来ませんでしたが、緑色の壁が特徴。

若者の間では、壁に羽が描かれたようなインスタ映えの壁ではなく、普通の壁なのに映したらいい感じの背景になる壁を、フォトジェ壁というのですが、こちらの緑に塗られた壁もクリエーターに見つかりました。アディダスの店内に詩羽さんの世界観でポップアップを作った時も、こちらの世界観で、緑の部屋が作られました


一階がいっぱいだったので、この日は二階に。


アディダスのポップアップストアにも古いラジカセが飾られていましたが、こちらのお店にもあります。

こういう知る人ぞ知るという世界観のお店が、もうすぐ消えようとしています。


この日頂いたのはラムバーガーとコーラ。

ハード系のバンズでかなり噛み応えもあるし、ラムのパティもパンチがあって食べ応えもあります。

普通にiPhoneで撮ったのに、フィルムで撮ったような色合いになっちゃっいました。お店が無くなるからノスタルジックな感じに?

■Chick Flick Bake
■東京都豊島区長崎5-5-3
■営業:12:15-22:00
■定休日:無し
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ファイカフェ(桜台)


海開きや、冷やし中華始めましたなど夏の始まりは祭りのように賑やかなのに、プールの終わりや、かき氷の終わりなど、夏の終わりは忘れ去れてたかのように、静かに終わっていきます。

氷の文字をみかけて、こちらではまだいただいた事がなかったなと、夏納めをしておく事にしました。

練馬と桜台の中間、西武線の高架下付近にあるファイカフェです。


頂いたのは黒蜜きなこフラッペ、600円。

夏と言えばかき氷、冷やし中華、サザン、TUBEというのは、昭和のオジサンの方程式ですが、最近は、そうではないらしいです。

まず、夏ソングは年々売れなくなって来ているのだそうです。

若いお母さん達が、海はベタベタするからと子供を連れて行くのを嫌がる為に海水浴は年々人口が減り、紫外線はお肌の大敵、猛暑過ぎて夏の太陽も嫌われるようになりました。さらにコロナ禍の自粛ムード。かつての「夏だ!海だ!お祭りだ!」的な陽気なノリはバカっぽく感じられるようになり、直接的な夏ソングも減ったのだそうです。

そういえば、今年ほど、夏の終わりというか、猛暑の終わりが歓迎された年は無かったのではないでしょうか?

逆にかき氷はといえば、夏だけの食べ物ではなく、秋冬でも食べるのが文化になりつつあります。

かき氷が進化して、従来のシロップではなく、旬の食材をエスプーマで使うようになった事。ムース状のやつですね。もうすでに今の時期は栗が多くなって来ているし、パフェの旬の果物と同じように、かき氷も季節を感じるメニューになって来ています。

頂いた黒蜜きなこも、きな粉は正月に餅にからめる人もいるし、通年の食べ物。濃厚な黒蜜も、栗やかぼちゃの濃厚さと通じるところもあるし、結構この時期、秋の始まりに合います。

かき氷そろそろ終わりますではなく、秋のかき氷始めました!的な言い換えれば、まだまだ行けそうな気がするのですが。

■ファイカフェ(ΦCafe)
■東京都練馬区桜台4-6-2
■営業:
7:30~10:00(L.O.9:30)
11:00~18:00(L.O.17:30)
11:00~18:00(L.O.17:30)(土日)
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ