ハチとロンの食卓(江古田)

コロナ禍の去年の秋に開店して、1周年すぎたぐらいでしょうか。オープンした時は「ロンカフェ」だったのですが、店名が変わり「ハチとろんの食卓」となりました。

コロナ禍で閉店するお店が多い中、1年耐えきり、江古田に定着したというのは、素晴らしいのではないでしょうか。

最初は「たらこスパゲティ」的な和風のパスタにしようと思っていたのですが、メニューに「カレー」の文字を発見。プアハウスが閉店してから江古田には喫茶カレーもカフェカレーも無かったので、注文してみる事に。

頂いたのはカレー780円と、セットの紅茶250円+外税で1030円。

スパイスカレーが流行りの昨今ですが、スパイス感もカレー感も弱めで、どちらかというとトマトっぽい要素が強め。ハヤシライスを少しカレー寄りにしたような、マイルドなお味。メニューはカレーという名前ですが、たぶん、トマトシチューとか、そういう感じでも行けそうです。

そういえば、懐かしの給食メニュー談義になると、年輩はくじらの竜田揚げ、その下はソフト麺とかが鉄板ネタになりがちなんですが、僕の場合、給食で好きだったメニューは「カレーシチュー」でした。米食ではなく、コッペパン時代なので、カレーほどの粘度に出来なかったのと、牛乳の消費を推奨していたので、カレーに牛乳を足して、シチュー風にしていたらしいです。

知らない人も多いので、東北限定の給食メニューかと思ったら、房総半島の廃校を利用した道の駅「保田小学校」の食堂でも「カレーシチュー」が出されていました。

食べながら「トマトシチューでもイケそうだな」と思いつつ、そんな話を思いだしたのでした。

■ハチとロンの食卓
■東京都練馬区栄町3−13
■営業時間:10:00~23:00
■定休日:なし
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

見浜園 松籟亭(海浜幕張)

番組でお茶の特集をする事になり、だったら「局から見える庭園でお茶が楽しめるの知ってる?」というネタをDJにプレゼンする為に行って来ました。

真ん中の森のようになっているのが見浜園という日本庭園です。

局から、だいたい歩いて5分で見浜園の入り口へ。番組前にふらっと寄ってみました。

入り口で入場料100円と共に、抹茶のセット券を買います。中の茶屋で直接買う事は出来ませんので要注意!

中は回遊式の日本庭園で、左手奥にあるツインタワーが、bayfmが入っているビル。1枚目の写真はあそこの27階から撮ったものです。

真ん中にある数奇屋造りの茶室が松籟亭。

右手奥に本格的な茶室もあるのですが、それが公開されるのは茶道教室などのイベントの時だけなので、見る事は出来ませんでした。

通常はこの部屋で、庭園を眺めながら、お茶を頂く事が出来ます。

この日の和菓子は、ねりきりの銘姫菊。そして暑かったので、冷やし抹茶に。

お茶の作法が書かれた紙を見ながら、頂きます。

お茶を時計回りに2回まわすのは、正面から頂かく事を避け謙虚な気持ちを表す為だそうです。そういう意味だったのですね。

いつもよりちょっと早めに海浜幕張に行って、庭園でお茶を頂いてから、局に。

この日の生放送の原稿に「局から見える庭園でお茶が楽しめるの知ってる?」と書かれており、「Twitterの写真をみるべし」とあったのでDJ達は、「えーーー!放送前にこんな優雅な事してたんですか?」と、いいリアクションをしてくれました。

こういうのを仕込むのも、仕事のうちです。遊んでいるようで、ちゃんと仕事。

■見浜園 松籟亭
■千葉市美浜区ひび野2-116
■営業:
見浜園8:00〜17:00、
抹茶営業9:00〜16:30
■定休日:
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ