京熹 本店(江古田)

春まで唐苑だったお店が京熹と名前を変え、メニューも若干変わりました。それと同時に江古田駅前の地下に2号店となる京熹 江古田駅前店をオープン。千川通りのこちらが本店となるのですが、元々こちらにいた女性の店員さんが駅前店います。元々いたシェフはどちらにいるんでしょう?

平日は近所のお仕事関係の方、週末は家族連れで賑わっているお店で、2号店が出来るあたり、山東餃子とオーバーラップします。コロナ禍で2店目というのは勢いを感じます。

メニューにも一番人気と書かれているのが、麻辣麺(マーラーメン)。790円。他に担々麺もあり、こちらは花椒の効いた痺れるタイプです。麺は普通の麺と刀削麺から選ぶ事が出来ます。いつもは刀削麺を選ぶのですが、今回はとある食べ比べをする為に訪れたので、普通の中華麺をチョイス。

江古田で担々麺というと、金時の汁無し担々麺が有名ですが、かつては金時にも、汁ありの担々麺があった時代があって、実は僕は汁ありの方が好きでした。現在の汁無しの味の方向で、濃厚なスープを想像してみてください。

いつの間にか、金時から「汁あり」が消えてしまい、近所で代替メニューを探している時に見つけたのが、こちらの麻辣麺。オプションでプラス50円で辛さ増し、100円で激辛にする事も出来ます。最初はノーマルをから挑戦し、好みによって辛さを増すのが良いでしょう。

胡麻と味噌ベースの濃厚なスープに花椒が効いて、ほどよく痺れます。ちょっと涼しくなった季節の変わり目に体に刺激を入れて、汗をかきながら食べるのもいいですね。

■京熹
■東京都練馬区旭丘1-57-14 ルミエール榎本 1F
■営業:
11:00~14:30
17:00~22:30
■定休日:火曜日
場所はこのへん

さて、今回食べ比べと言いましたが、比べるのが、こちらです!日清のご褒美ラ王「シビ辛濃厚味噌」。番組の企画の「スーパーの旨い袋麺」という特集で、色々食べ比べをする中で、NO.1に旨かった物です。

旨い袋麺というと「サッポロ一番塩味VS味噌味」的な話になりがちなんですが、もういろんな所で何百回とやられている企画なので、そちらには手をつけずに新商品に特化しました。こちらは今年の3月に発売された物です。

希望小売価格が408円で、税込み450円ぐらいになってしまうのですが、スーパーでは税込み360円前後。2食入りなので、一食180円換算。セブンイレブンの本格カップ麺「すみれ」が300円前後なので、まあ許容範囲でしょう。

作り方には、450ccのお湯で4分間と指定があるのですが、割と水分を良く吸う麺で、指定だとかなりスープがドロドロになるので、500ccで3分がオススメです。

スーパーのチャーシューと、桃屋のメンマを投入。ネギもたっぷりで彩りを。

市販のインスタント麺の中では、かなり辛い商品です。食べると汗がダラダラ出て来ます。でもスープはかなり濃厚で、もう少しスリ胡麻でも加えたら、京熹のスープに近づくレベル。この企画で、インスタント麺をかなり食べ比べしましたが、スープの出来は他のインスタントとレベルが違います。

カップヌードルからも新製品の辛麺が出たりして、日清は辛い商品に力を入れていますが、僕の中ではこの褒美ラ王「シビ辛濃厚味噌」が断トツです。辛い物好きの方、ぜひお試しを。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ