アラサルーテ(江古田)

お店でピザを注文する時「ピッツア」って口に出して言った事ありますか?サンドイッチマンのコントみたいですが、微妙にこういう問題に直面する事があります。

メニューに「ピザ」と書いてあれば「ピザ」で問題ないのだけど、「ピッツア」と書いてある場合にどうするのか?メニュー通り「ピッツア」と呼んだ方がいいのか問題。

お店の方は、一般的な「ピザ」ではなく、あえて通っぽい「ピッツア」を選んで書いたのだから、ここはそこにのって「ピッツア」と言った方が喜ぶのか?それとも逆に「ピッツア」と呼ぶと、「素人が通ぶってんじゃねーよ」と思われるのか。こういう余計な心配から、ネタを膨らませてしまう作家職業病です。

江古田北口の「アラサルーテ」、ランチの看板を見ながら、店に入る前にそういうひと妄想がムクムクと。ちなみ、こちらのランチ看板は「ピザ」です。

頂いたのは「マルゲリータ」のセット、1000円。サラダと1ドリンクセットなので、りんごジュースをチョイス。

ちなみに、英語でいう「マーガレット」のスペイン語が「マルガリータ」で、イタリア語は「マルゲリータ」です。

ピザの場合は、イタリアの王妃「マルゲリータ・ディ・サヴォイア」が好んで食べたというメニューが語源らしいので、「ピザ派」でも「ピッツア派」でも、「マルゲリータ」が正しいみたいです。

トマトソースにモッツァレラチーズ、バジルを乗せて焼いたもの。トマトソースの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑がイタリアの国旗の色合いに似ていて、王妃はとっても気に入ったのだとか。日本でいう梅干し一つの日の丸弁当的な存在なのですね。

そういう由来があるなら、「マルガリータ」ではなく「マルゲリータ」と呼ぶべきでしょう。

耳はふっくらですが、生地は薄めで小食な自分でもペロリと行けちゃうタイプ。

表に「氷」の旗がはためいていたので、デザートにかき氷を注文。色々種類があるというので、オススメの「はちみつレモン」の小をお願いしました。夏バテ気味の体には、「疲れを癒やす」という洗脳の酸味が心地よいですね。猛暑を越えた今、酸味だけだと少し寂しいのですが、はちみつの甘味が程よいグラデーションで、今の季節にぴったり感を演出しています。

■アラサルーテ (Alla Salute)
■東京都練馬区小竹町1-58-2
■営業:
11:30〜14:30(ランチ)
17:00〜23:00(ディナー)
■定休日:水曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

田中屋(東長崎)

9月に入りました。しかし、こちらは8月中に滑り込んだので夏と言えばシリーズです。

東長崎に抜ける時にいつも気になっていたお蕎麦屋さん田中屋。こちらを検索してみたら「スパイシーカレーせいろ」なる物があるらしいのです。その人のレポによると、メニューを見て気になっていたのだけど、安パイで鴨せいろを食べてしまった的な記述が。

スパイシーカレーせいろ、ちょっと気になる。

↑この夏、駅そばの「そばいち」で、「グリーンカレーつけ蕎麦」なる冒険メニューが出て、立ち食い蕎麦マニアの間で話題になったのですが、結局、最後にご飯を投入してグリーンカレーとして食べるのが旨い!という結論になったりして、駅そばとエスニックカレーという意外すぎる組み合わせに、蕎麦好きたちがザワザワしました。

それに続く胸騒ぎな「スパイシーカレーせいろ」というワード。メニューには「カレー南蛮せいろ」も並んでいます。こちらは和風だしを使った皆さんも想像出来るお蕎麦屋さんのカレーだと思うのですが、あえてそれとは別メニューを作るなんて。

インドのカレーがイギリス経由で日本に入って、いわゆる日本の「カレーライス」になって、色々発展して「カツカレー」が誕生。それが今、イギリスに逆輸入されカツカレーブームを巻き起こしています。さらにインドにはCoCo壱番屋が上陸して、本場で日本風カレーもブームに。と、和風カレーが勢力を伸ばす中、和風カレー陣営であるハズのお蕎麦屋さんから、まさかのスパイシー側に寝返るメニューが出るとは。

スパイシーカレーせいろは、880円。

せいろは冷水でしめた、もり蕎麦状態なんですが、スパイシーカレーのつけ汁が、めっちゃあっつ熱。この辺から脳内のお蕎麦常識が崩されていきます。しかもスパイシーと歌っている割には、和風のとろみの方は残っていて、冷たい蕎麦に、めちゃめちゃ熱々のカレーが絡みついて、冷たいんだか熱いんだか脳内パニック。

こういう未知の味に挑戦してみるのも刺激的で楽しい。体験もスパイシーなのかも。でも、こうなるとオーソドックであろう、「カレー南蛮せいろ」も食べてみたくなりますなあ。

■田中屋
■東京都豊島区長崎6-10-13 田中屋ビル 1F
■11:30~22:30(
■定休日:日曜
場所はこのへん

さて、田中屋の道路を挟んだ向かいにはガランとした空き地が。

実はここ、補助第172号線という、現在、用地買収の進められている道路の東長崎側の出口で、緑フェンスの向こう側で、家などが着々と用地買収されています。

このように買収の終わった土地は緑のフェンスで囲まれて、陣取りゲームみたいな様相。マンションなんかでも、残り2軒を残して、窓からはカーテンが外され空室状態、完全退室カウントダウンになっている建物も。

こちらは、現在の道に対し斜めに切られた、将来の新たな道の角度、そこに合わせて新しいお店もオープンしていました。

さらに東長崎駅寄りになると、買収された土地に暫定の歩行者用の通路も出来ていました。

東長崎の東急ストアの脇も、こんな感じでかなり土地買収が完了し、補助第172号線の工事へ向けた準備が着々と進んでいます。

ちなみに、こちらが山の手通り側の工事状況で、正面の家々が壊され、そちらに向かって伸びる道が、東長崎を突っ切り「スパイシーカレーせいろ」の田中屋さんの目の前まで繋がる計画です。

都市計画マニアの夏休みの自由研究「補助第172号線」の成長日記。途中経過編でした。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ