赤門テラスなゆた(椎名町)

もう8月も残す所あと2日。池袋までミニベロで出かけた帰りに通るのが椎名町で、その際に、いつも気になっていたのが赤門テラスなゆた掲げられていた「氷」の旗。

かき氷といえば、目白の「志むら」ですが、人気で行列やら整理券方式やらで、ハードルがどんどん高くなり、足が遠のいていたので、こちらの「氷」ってどんなんだろうと気になっていたのです。

あと赤門テラスなゆたは、テラス席に面している緑が気持ちいいです。暑いからこそ屋内のクーラーではなく、屋外でかき氷を食べたら美味しいだろうなという気がしました。

ボーっとしていたら、弘法大師に手を合わせてお願いをしているオジサンが1人。手を合わせて動かない事、3分ぐらい。お祈りが長い。真剣だなこれは。何をお願いしていたんでしょう。気になる。

江古田の浅間神社でも、ローソンに入る前にガランガランという鈴の音が聞こえて、手を合わせる姿が見えたのですが、買い物が終わりローソンから出て来ても、まだ同じ人がお祈りをしている事があり、え?と驚く事があります。

頂いたのは抹茶のかき氷1200円。

かき氷のトップに載っているバニラを見てみるとわかると思うのですが、思ったより大きい。そして、バニラも氷も溶けにくいのです。溶けると思って急ぎ気味で食べていたら、頭にキーンと。こういう時は口の中の上顎を暖めるといいそうなので、水を口に含み体温で温めます。目白の志むらなどで、お茶が一緒に出てくるのは、それ対策ですね、きっと。

かき氷を食べて頭がキーンとする。それも夏の一興ですね。

■赤門テラスなゆた
■東京都豊島区長崎1-9-2 金剛院
■営業:
9:00〜18:00(平日)
10:00~19:00(土日祝)
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

らーめん太陽(江古田)

皆さんにとっての冷やし中華ってどのぐらいの立ち位置なんでしょうか?

熱狂的なラーメンマニアとか、つけ麺好きってお目にかかるのですが、熱狂的な冷やし中華好きを名乗っている人に出会った記憶が無いのです。

記憶に無いといえば、芸人AMEMIYAの「冷やし中華はじめました」という歌ネタは、一時期、大流行ましたが、どんな歌だったか記憶にありません。あるのは「♪冷やし中華はじめました〜」というフレーズのみ。

改めて調べてみたら、冷やし中華作りに試行錯誤しているうちに、妻がホストにはまり借金をかかえ、店に保険をかけられて不審火、度重なる不運に心労が重なり、入院という不幸の連続という中で、冷やし中華を作り続けたというお話でした。そんなだったけ?

まあ、ともかく残り少ない夏を堪能シリーズとして、らーめん太陽に冷やし中華を食べに来ました。

冷やし中華にときめかない理由の一つに、自分自身が酢系の食べ物が得意では無いという物があります。子供の頃、お婆ちゃんのいる家だったので、やたら酢の物が出て来て、幼い頃の味覚に合わず食わず嫌いになって行ったような気がします。

大人になった今は、餃子に酢胡椒とか、もずく酢と全然平気なんですが、未だにワカメの酢の物とか苦手。居酒屋でお通しで出てくると「ああ…」とテンションが下がる一品。トラウマなんでしょうね。

なので、冷やし中華はごまだれの方がいいのですが、夏の王道といえば、酢醤油だれの方だろうという事で、そちらを選択しました。

待っている間に店内に飾られていた色紙をウォッチ。左手は王様のブランチで来たレポーターと、パンサーの菅さんのサインのようです。右手は誰なんでしょう?正解は最後に発表しますので、予想してみてください。

頂いたのは酢醤油だれの方のオーソドックスな冷やし中華。きゅうり、錦糸卵に、チャーシュー、なるとというオーソドックスな街中華らしい具の数々。酢醤油はそこまで酢が主張しすぎていないのが助かります。麺も割とオーソドックスな中華麺。

ここまで書いていてちょっと頭に浮かんだ冷やし中華があります。新江古田の「めんめん」の冷やし中華って、手打ちの縮れ麺で、タレが良く絡んでのどごしも良く美味しかった記憶が。たしか、一時期長期休業していて足が遠のいていたんだよな。やってるのかな?

さてサインの答え合わせですが、博多華丸さんと、カミナリの2人、磯山さやかさんでした。

■らーめん太陽
■東京都練馬区旭丘1-75-8
■営業:11:00~翌2:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ