多摩湖サイクリングでパンとコーヒー(八坂・メルポーチ)

久々の多摩湖サイクリングロードこと多摩湖自転車道。多摩湖からの水道管が埋まっているので車は通行禁止という直線道路です。

ロードバイクを買ってからは玉川上水の裏道を使っていたし、コロナ前は飯能ばっかり行っていて、この道を走るのは5年ぶりぐらいです。

水道管の埋まっている道なのですが、今、水道設備の新設工事をしていて、その工事現場の壁には「ご自由にお使いください」という空気入れが。

「工事にご理解ください」というお願いの代わりですね。ただ、アタッチメントは両側ママチャリ用のイギリス式でしたが。

多摩湖自転車道は、交差する道の所に車止めがついているので、ロードだとそこを通過するのがストレスになるのですが、のんびりミニベロの旅なら、気になりません。

多摩湖周辺にはファミマしかないので、ふもとの東村山の八坂でパンを購入。当初予定していたお店に行ってみると「勝手ながら本日休業」の張り紙が。地味にダメージを受けます。

そこでスマホで検索し、地元密着と愛されているという「メルポーチ」へ。

カルピスバターという気になる文字が目に飛び込んで来て、まずはこれをゲット。どうやら稀少な高級バターのようです。それを使ったあんバターが180円。安っ!

■メルポーチ
■東京都東村山市栄町3-16-12
■営業:8:00~18:30
■定休日:月木日
場所はこのへん

久々の多摩湖。正式名称村山貯水池。

スポーツバイクに乗り始めの初心者の頃は多摩湖でもロングライド的なイメージですが、まずは最初の目標となりがちな場所です。

ここをクリアしたら上尾の榎本牧場かな?という風に距離を伸ばしていきます。榎本牧場をクリアしたあたりから距離感が壊れて、無限に走れるような気分になっていきます。

今いる堤防であればベンチが設置されているので、キャンプ用のチェアとテーブルはいらなかったのですが、今回、チェアリングしようと思ったのは、この対岸。堤防はタイルのように石が敷き詰められているのですが、対岸は芝生のような草地。

そこで多摩湖を周遊する自転車道で向かいます。途中、西武ドームも通過。自転車に乗らない人からすると西武ドームまで自転車で行くんだと驚かれる方もいると思いますが、この距離は初心者コースです。ゆっくり走ればどうって事ない距離です。

え?多摩湖の対岸に行ったら工事中。

本来なら、こんな感じだったのです。チェアリングに良さそうでしょ。

仕方がないので対岸の堤防に戻りベンチで一休みする事に

火気禁止の場所でのサーモス野点も慣れてきて、挽いた豆は固形燃料用のミニパッキン容器に。それをフィルターとドリップと共にジップロックに。帰りはパンの袋にドリップのフィルターを入れて、さらにジップロックにまとめるとゴミが出ませんし、サドルバッグも汚れません。

サーモスの野点、外では屋内のよりもお湯を勢いよく注いだ方が、寒くなってきつつある今、コーヒーは熱々で淹れられます。夏場ならばじっくり抽出したい所なんですが。冷めないように、ボディが二重になっているカップも欲しくなりますね。

この日は割と暖かかった日なのですが、多摩湖は麓の八坂より100mぐらい標高が高いのと、水面をすべるように吹き渡る風は少し冷たくて、暖かいコーヒーが体に滲みました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ