三峯神社を目指してブロンプトンでヒルクライム

西武秩父から平地はバスですっ飛ばして、三峰口駅で下車。

ここから三峯神社を目指してヒルクライムする事に。

三峯口駅は標高318mで、三峯神社は標高1,102m。ここから正面に見える山の高さまで約800mのヒルクライムをする事になります。

ロードバイクは11×2の22速あるわけですが、ブロンプトンのP-LINEは4速。たったの4速で登り切れるんでしょうか?

事前に調べたらブロンプトンで登っている人も結構いて、平均斜度7度ぐらいという記述が多かったので、7度だったら大丈夫かとチャレンジしてみる事に。

序盤は斜度5度以下なので一番重いギアでも踏んでいけます。久々にサイクルコンピューターをつけて斜度をチェックしながら登っていきます。

三峯口駅から三峯神社までは24㎞。あと19㎞と出ているので5㎞ぐらいまでの地点は楽勝。

途中で鳥居が見えて来ますが、ここをくぐって行くのが車が無い時代の参道で、今は登山客などのハイキングコースとなっています。徒歩だと約3時間ぐらいの工程だそうです。こっちはどのぐらいかかるんでしょう?

三峯神社へ向かう分岐点、ここから約14㎞。三峯口から10㎞ちかく走って来た事になります。

このあたりまでは紅葉を楽しみながらサイクリングという感じで、鮮やかなモミジを見つけては写真を撮りまくりです。

二瀬ダムに到着。ダムを渡ったあたりから本格的なヒルクライムとなります。

ダムの上は一車線の交互通行で、信号が青になったら車の列の一番後ろについて、赤になる前に渡りきるようについていきます。とは言っても、車も徐行というか20㎞前後のスピードで安全運転なので、自転車だけ取り残されるという事は無いと思います。

無事渡りきり、秩父湖の奥へ。ここは荒川の本流の最上部に作られたダム湖で、ここの水が皆さんの知っている荒川に流れていく訳です。

現在、水位が低いのは台風で流れ込んだ土砂を浚渫してダンプで運び出す為に放水したからで、そのため、時々ダンプの列も通るので注意しましょう。

だいたい7度と聞いていた斜度ですが、サイクルコンピューターを見ると、時々14度とか出て来て、話が違うよ思いながらも、ヒルクライム。

つづら折りの次の坂の角度が見えて心が折れそうにもなりますが、これだけの苦行をすれば、車やバイクで登った人よりも御利益があるはずだと自分に言い聞かせて、ベダルを漕ぎます。

元々の山岳信仰って、登山での苦行が修行であり、その先に御利益があるという考えなので、現代ではミニベロでヒルクライムは異色に見えますが、実は正当派なのだと思います。自分にそう言い聞かせました。

山頂が近づくと少し坂が緩くなってきます。紅葉を撮っていたお爺ちゃんに「あともう少しだよ!頑張れ!」と励ましの言葉を頂きました。

先日、アクアラインマラソンでフルマラソンに挑戦した仕事仲間が、スポーツ選手の言う「沿道の声援が力になりました」は綺麗事かと思っていたけど、自分が体験するとホントだったと言っていましたが、この時もまさにそうです。どこからともなくパワーが湧いてきました。

そんなこんなで、三峯神社の駐車場に到着。車とバイクは有料ですが、駐車場入り口のオジサンも自転車は見てみないふり。無料です。バイク置き場の端っこに置かせて頂きました。ロードバイクの自転車勢も何人がいましたが、ミニベロは僕だけでした。

麓が見渡せる場所からみると、あの下から登って来たんだなあと達成感にひたれます。

3年近くコロナでヒルクライムも封印していましたが、やっと本来の趣味と楽しみを取り戻す事が出来ました。もう、いいんじゃないかなあ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

西武の特急Laviewで秩父まで輪行

秩父まで輪行するのですが、西武のある東口ではなく、東武側の西口でブロンプトンを折りたたむ事に。

というのは8時30分の特急Laviewに乗るのですが、西口のスタバは7時から開いてるのでテイクアウトする為です。東口だと開いてるのはドトールになるので。

さらに、東口のパン屋は西武百貨店に準じて10時開店が多いのに対し、西口に近い駅構内のパン屋さん、ASANOYAは7時から。

東武ホープセンターのヴィドフランスも7時からオープンしているので、こちらで朝食をGRTする事に。ヴィドフランスの方が、フランスパンから惣菜系のパン屋までバリエーションが豊富です。

朝食の準備が出来たところで、いざ乗車。

チケットは西武のチケットレスサービス「スムーズ」で確保。1号車と5号車にしかトイレが無いので、5号車の後部座席を指定で取ると、こんな感じでブロンプトンを収納出来ます。ロードでも縦型輪行だったら余裕な感じです。

この「スムーズ」は12月にシステム改修するので、それ以降は方式が変わるようです。

特急券のみチケットレスなので、あとはSuicaで出入りし、予約データと違う所に人が座っていた場合のみ車掌が声がけし、座席が合っている場合は検札とかはありません。

BENTO的なミニパンの盛り合わせって色んなパン屋で出していますが、まんまとそちらをチョイス。

優雅な朝食を頂きながら、華麗に江古田を通過。

観光バスのバスガイドのように、途中、所沢の航空公園の所で「まもなく右手に滑走路が見えます」というアナウンスが流れます。残念ながらブルーインパルス的な航空機は駐機していませんでしたが。

山は見た目もう少し色づいていたのですが、写真に撮ったらこんな感じ。ただ全体的にあと2週、11月の後半の方が見頃なんじゃないかなという気がします。標高によって色づき方も違いますが。

西武秩父に到着しましたが、自転車は広げず輪行袋のまま。

とういのも、三峰口からヒルクライムで三峯神社を目指す予定だったのですが、秩父鉄道の三峰口行きがいい時間になくて、かなり手前の影森止まりばかりだったので、バスで三峰口まで行く事に。

バスは三峯神社行きなのですが、三峰口で降りてブロンプトンを組み立てる事に。降りたバスはUターンしてこの写真のカメラ位置でしばし停車していたので、組み立てる様子を大道芸のようにバスの乗客にガン見されました。

三峯山の山頂に近い三峯神社。標高1,102メートル。ロードバイクなら11×2の22速あるのですが、ブロンプトンのP-LINEは4速。はたして無事登れるのでしょうか?

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ