アリーシャズキッチン(江古田)

ずーっと自粛が続いていたから、緊急事態宣言が明けても、アクティブに食べ歩きするというモードにはならず、エンジンがさび付いたままという感じです。バイクでいう何度セルを回してもエンジンがかからない感じ。

カレーは食べたい感じだったので、江古田でカレーと考え、このブログには載っていない日芸前の「アリーシャズキッチン」に行ってみる事にしました。

この店舗って、インド・ネパール系のお店が何代か変わっているけど、スナックを居抜きでカレー屋にしたのは、中村橋に本店がある「サグーン」だったような気がします。その後、いくつか店舗が変わって現在の「アリーシャズキッチン」に。

カレー、ナンorライス、サラダ、ドリンクというインド・ネパール系に多い基本セットで650円って、安すぎない?

カレーの種類は選べたのですが、ネパールで一番ポピュラーと言われるネパールカレーにしました。

オーダーしてから別メニューになっていた物に目が行きました。「ダルバットー」と書かれていますが一般的には「ダルバート」らしいです。

ダルバートは、豆のスープ「ダル」とお米の「バート」がセットになった、ネパールの庶民的な定食です。

江古田のカレーをインド・ネパール系と大雑把に分類してしまっていますが、マヒグローバルダイニングは、バングラデシュ系で「ニーハリ(ニハリ)」があるし、ダルバートを推すこちらは、かなりネパール寄りと捉えてもいいのではないでしょうか?

スパイス系カレーにハマってからはナンではなくライスを選ぶようになったのですが、ターメリックライスは「インディカ米」「バスマティ米」「ジャスミン米」呼ばれるような長粒種ではなく、日本のお米的なもの。的なと書いたのは長粒種ではないと書いたけど、日本米っぽいもっちもち系はなくパラパラ系でした。

ネパールの家庭の味というカレーの方はサラっとしつつも、がっつりスパイスとか、激辛系ではなく、ジャガイモとか根菜系が多いマイルド系なので、日本の家庭の味に近いのかも。

お母さんカレーのエスニック版的なというか、インド・ネパール系カレー界のハト派という感じでしょうか。

■アリーシャズキッチン
■東京都練馬区小竹町1-55-3 玉井ビル 2F
■営業:11:00~23:00(L.O.22:30)
■定休日:無休
場所はこのへん

ご飯を待っている間にiPhoneをいじっていたら、電波の隣りの表記が「4G」ではなく「5G」に。

うちは同じ江古田で、まだ5Gエリアじゃないけどこの辺はもうエリアになったの?と調べてみると、オフィシャル的にはここもまだらしい。いろいろいじっている間に4Gに戻ったし。オレンジの「5GNR化」は4Gと兼用なので、スピード的にはまだ4Gに毛が生えたぐらいで、ピンクの「5G sub6」にならないと本来の5Gとはならないようです。まだまだかあ。

5Gはさておき、携帯電話のプランはauからauのpovoに変え、10月からpovo2.0に変えた事で、1万円近かった電話料金が、通話込みで月々2700円に。コロナ禍で散々な事を言われたけど、管総理の恩恵です。ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ