アンジュルム 福田花音卒業SP 武道館

武道館

アンジュルムは、本当に武道館の似合うグループになったなあ…というのが
見ながら思っていた事。

どん底時代から這い上がり、スマイレージ時代を含めて、3度目の武道館。
回を重ねる事に、ステージの使い方がどんどん上手くなって来ました。

2年から3年前は、ハロプロいち元気と躍動感はあるものの、
正直、粗さも目立つところがありましたが、
今の彼女達は、そんな事など感じさせず、ステージ上の姿がとにかく美しい。
そして、少し演劇的というか、物語性を感じさせる演出。
ハロプロのどのグループとも違う、アンジュルム色がありました。

もちろん主役は福田花音さんな訳ですが、
他のメンバーのパフォーマンスも素晴らしかったです。
特に田村芽実さんの歌とダンスは凄い。
つい目で追ってしまいます。
これからグループを引っ張っていく、そんな意思を感じさせるパフォーマンスでした。

この日は、福田花音さんが卒業という事もありますが、
チケットはソルドアウト。
武道館前には、「チケット譲ってください」という紙を持った、女の子達が多数。
アンジュルムは、ハロプロでは℃-uteに続き、女性ファンの多いグループです。

福田花音さんは、卒業後、作詞家の道を歩むのですが、
その第一弾が、発表されました。
来年1月発売の、チャオベッラチンクエッティの新曲「どうしよう、わたし」。

このチャオベッラチンクエッティは、
うちの番組のDJを務めてくれている、岡田ロビン翔子さんの所属するグループ。
福田花音さんと同期で、ハロプロの研修生、
ハロプロエッグ一期のメンバーで構成されるグループです。

卒業して、新たな道を歩み始めた同期が、
幾度もの困難を乗り越え、続ける事を決めたグループの曲を書く。
アイドルと作詞家と、肩書きは変わったけど、
違う形で、繋がって行きます。

12月27日に豊洲PITで、チャオベラのライブがありますが、
そこで初披露なんて事あるのかな?
早く生で聞きたいな。

ドラマは続くね。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

℃-ute パシフィコ横浜

パシフィコ横浜

地元の仲間6人で℃-uteのパシフィコ横浜に行ってきました。
副都心線のおかげで、小竹向原乗り込んで、うたた寝してたら、みなとみらい駅。
1本で行けるって便利だわ。

とは言いつつ、仕事との兼ね合いもあり、仲間とは現地集合。
入場してすぐのベンチに腰掛け、入場者を眺めていたのですが、
客層がガラリと変わっていて、ビックリ。

℃-uteはかねてから女性客が多いと言われてきましたが、ここに来て、さらに増加。
そして、この日特徴的だったのが、カップルで来ているお客さんが増えている事。
男性の趣味に女性が合わせたのか、はたまたその逆か?

という自分らも男女混合チームで、最初男友達だけで行ってたら、
女性陣達も行きたいと言い始めて、皆で行くようになりましたしね。

580600a70913923aef3171bc1e574e5d

ファンは、好きなメンバーカラーのTシャツやタオル、小物などを身についているのですが、
女性の多くが、ピンク!鈴木愛理さんのカラーです。

女性ファッション誌「Ray」の専属モデルでもあり、
憧れの対象として、ファンになったという人も多いようです。

たぶん、他のグループの現場から℃-uteの現場に来たら驚くと思うのは、
この女性ファンの中に、アイドル並みに可愛いコが多いという事。
鈴木愛理に憧れ、愛理になろうとして、可愛く着飾って会場に足を運ぶ。
そんなコ達が多いのです。

会場では四方を女の子に囲まれて、肩身が狭かったと嘆く、
古くからのオジサンファンのツイートも見られるぐらい。
それとは逆に、積極的にカワイイ女性ファンを捜す、
女ヲタのヲタ「女ヲタヲタ」という言葉も生まれるぐらい、
会場の雰囲気が、かつてのむさ苦しいから、
カワイイに変化しているのです。

℃-uteは「アイドルが憧れるアイドル」「アイドルの教科書」と呼ばれ、
実際に多くのアイドルが足を運ぶので、
そのカワイイファン達は、僕が名前を存じ上げないだけで、
本物のアイドルなのかもしれません。

岡井千聖6

歌唱力のある鈴木愛理と、対でボーカルで活躍するのが、
最近、バラエティーで活躍している岡井千聖さん。
バラエティーでのおバカキャラとは逆に、
歌唱力で聞かせる、ロック系のボーカル。

この2人のツインボーカルに、対抗出来るアイドルは、そうそういないでしょう。

℃-uteは、個々で活躍し、
そこで掴んだファンにライブ会場に足を運んで貰うのが理想的。
常々、そう発言して来ました。
だからこそ、新規のお客さんが増えているのだと思いますが、
最近、サブカル層の注目を集めているのが、
テレビ東京のコント番組「SICKS」に出演している中島早貴さん。

清水 富美加さんとタッグを組み、
同人誌に命をかける腐女子を演じているのですが、
それがサブカル層の間で、非常に評価が高いのです。

こうして、今、いろんな客層を取り込んでいる℃-ute。
女性客、若年層が増えると一気にブレイクを言われますから、
この変化は、さらなる躍進を予言しているのかもしれませんね。
今後は、そういう所に注目して応援していきたいと思います。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ