洋菓子コアンドル

恋人を追って鹿児島から上京してきた「なつめ(蒼井優)」。
伝説のパティシエと呼ばれながら、
8年前にケーキ作りを突如としてやめてしまった男(江口洋介)。
2人は都内で評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で出会う。
なつめは見習いとして「コアンドル」で働き始め、
一生懸命に自分の居場所を見つけようとする…。

ロケ地となったのは、中目黒の近くの目黒側沿い。
これは風景をみただけですぐわかりました。
以前、自転車で走った事がある場所だったし。
調べたところ、ケーキ屋さんや元になったお店は実在せず、
建物は現在ネイルサロンになっているようです。
あったらロケ地巡りしようと思ったんですが…。
テラス席で飲食できるという設定だったし。

ちなみに、ロケ地はこちら!

映画の方は、大好きな蒼井優モノにしては、非常に物足りない内容。
ひいき目に見たいのですが…
韓流や少女マンガなどの、ありがちな場面をかき集めたような
ベタなシーンが次々に登場します。
しかも、それぞれのエピソードが薄く、掘り下げないまま、都合良く展開。

蒼井優、江口洋介、戸田恵子という役者達の演技で、なんとかもっているけれど、
脚本がなあ…。

ケーキを作るシーンは、非常に美味しそうなんだけど。
全体的には、うーんな作品でした。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*