2015年を振り返る アイドル編

今年は本当に沢山のアイドルの方とお仕事をさせて頂き、
おかげで沢山のライブにも足を運ぶ事が出来ました。

2015年はアイドル戦国時代と言われてきた中で、
大物の卒業、解散が続き、
関ヶ原の合戦なみの、大きな転換期だったんじゃないかと思います。

ファンの方の好みも大きく分かれ、
ただただライブで湧きたいという人が多く集まる現場と、
マナーを守って平和に見たいという現場の2つに、分かれて行ったように感じました。

ただ、この湧きたい人の中にはピンチケと呼ばれるやっかい者も多く、
増えた動員の中に、こういう人が多く流入し、荒れたライブもありましたね。

僕は平和な現場の方が好きな訳ですが…。
そんな中で、今年見た中で個人的に好きだったライブ、ベスト5。

■第5位:TOKYO IDOL FESTIVAL 2015

ガンダム

8月にお台場で行われた、参加アイドル151組の、アイドルの祭典。
名前だけは知っているけど、YouTubeでしか見た事がないアイドルのライブを、
実際に見ることが出来たのは大きかったです。

また、この中で、ニッポン放送の、吉田尚記アナ主催の、
「アイドルしゃべれる女王決定戦」が開催されたが非常に興味深かったです。

アイドルなんて、どうせ内輪ウケの話ししか出来ないだろと、偏見を持たれている中、
MCが上手いアイドルの女王を探そうというコンセプトに共感。

僕もアイドルの中には、DJも顔負けのしゃべりが上手い人材がいる!…という事で、
今年の4月に、うちのDJとして、
チャオベッラチンクエッティの岡田ロビン翔子さんを迎えており、
そういう意味で、吉田さんがセレクトしたメンバーに興味津々。

この「アイドルしゃべれる女王決定戦」で優勝した
バニラビーンズ・レナさんには、その後、うちでも単発のDJやゲストとして、
度々登場してもらっているのですが、推薦する時に、
「アイドルしゃべれる女王決定戦で優勝」の肩書きがあった事は、大きかったです。
来年も、この企画が開催される事を希望します。

■第4位 チャオ ベッラ チンクエッティ
TSUTAYA O-WEST
チャオベラ

アイドル戦国時代の大転換期、沢山のアイドルグループが解散したり、
主要メンバーが卒業したりという、アイドル激震の年でした。

この「Good bye, Idol」というツイッターアカウントは、
解散や卒業するアイドルの情報をツイートしているのですが、
毎日のように、沢山のアイドルの卒業情報が流れて来ます。
まさか、その中に、自分がかかわっているグループの情報が流れてくるとは。

TSUTAYA O-WESTでのライブは、秋山さんが卒業して、
5人から4人になってから初めてのツアー初日。

集まったファンの不安な気持ちを吹き飛ばすように、
エモーショナルな曲、
「True Hearts~ファンタスチック4~ verA」でスタート。
卒業メンバーの穴を埋めるという発想ではなく、
あらたな4人のグループとして、ライブを見せてくれたのが良かった。
この映像、公式でYouTubeにあげて欲しいです。
それほど、カッコイイです。

解散、卒業を選ぶアイドルが続く中で、
続ける事を選んだアイドルの決意を見せつけてくれた、素晴らしいライブでした。

■第3位:アイドリング 武道館卒業ライブ
武道館

ラジオで喋れるアイドルを捜している中で、みつけたのがこのグループ。
アイドリングという番組のMCのバカリズムが、彼女らの魅力を引き出し、
予定調和なアイドルバラエティー番組が多い中、斜め上を行く面白さでした。
だから、しゃべれるメンバーが多い。

そして、バラエティーなアイドルグループらしく、
卒業ライブなのに、しんみりとせず、最後まで祭りで盛り上がったのが良かったです。

卒業コンサートの最後の曲。
本来なら感動的なエンディングを迎えるハズなのですが、
しかし、バカリズムが悪ふざけ。
メンバーに1人1人指で鼻フックをして、変顔をカメラに映しだして行きます。

「皆が笑ってくれたから良かった」それで終わるのがアイドリング。
逆に、最後までそれを貫き通したのが、カッコ良かったです。

特に、バラエティートークの得意メンバーだった酒井瞳さんには、
卒業後に、うちの番組で単発のDJをして頂きました。
また一人、しゃべれるメンバー発掘!

「よく、しゃべれるアイドル発掘してくるね」と言われますが、
噂を聞いたら、出演のラジオやテレビをチェックして、
ニコ生やら、show-roomだとかネット番組もチェックして、
ライブでのMCもチェックして、その上で推薦している訳ですよ。

アイドルって、フェスや対バン、販促イベントなどで
アウェイの現場を数多く体験し、それを盛り上げる為の技術を現場で磨いた
MC役のメンバーがいます。
もちろん、空気読まない不思議ちゃんも多く、
そういう方にスポット当たりがちですが、逆にMC役に注目!
喋れる人材の宝庫ですよ。ラジオ関係者の皆さん!

■2位:Berryz工房ラストライブ 武道館
武道館

今年、3月に行われたBerryz工房のラストライブ。
彼女達は「活動停止」という言葉を選びましたが、
実質グループが解散するコンサートに立ち会うのは初めての事。

アイドリングのコンサートのは対照的に、非常に張り詰めたライブでした。
その一瞬、一瞬を見逃したくないというファンの気持ち。
彼女らの12年という歴史に終止符と打つという事で、
始まる前から、武道館の中にファンの思いが溢れていました。

最後、ピアノ演奏だけで歌うLove together!
最初は聞き入っていたファンの声援も次第に大きくなっていって、会場は一つに。
泣けた。正直、涙が流れました。

同期でありながら、まだまだ突き進む事を決めた℃-uteと、
ここで新た道を選択した、Berryz工房。
両グループを知っているだけに、人生の選択をも感じる、深い感動がありました。

■第1位:モーニング娘。’15 武道館
武道館

エース鞘師里保の卒業を控えての実質ラストライブ。
卒業コンサート行わなかったのは、
最後まで普通にパフォーマンスで魅せたいという彼女の意思のような気がします。

アイドルファンの中には、未熟なアイドルを応援するのが好きな人も多いですが、
僕は、歌やダンス、スキルの高いパフォーマンスを見るのが好きで、
この日のライブは、今年一の完成度でした。

特に、このグループの鞘師&石田のダンスバトルが大好きなのですが、
仲良しこよしのバトルじゃなく、意地と意地、スキルとスキルのぶつけ合い。
全身全霊って、この事をいうんだろうなと。

ダンスのスキルを磨くために、アイドルという枠を1度出て、
外の世界、海外で修行を重ねたいという鞘師に対し、
グループに残って、ダンスの底上げをするという意思を見せる、石田。

この二人のぶつかりあいを見ているだけで、涙が出て来ます。
ライブを見慣れている関係者席からも「すごい!すごい!」の声が漏れます。
隣りにいる他の番組スタッフも、「すごいですね」と話しかけてきました。

この凄さ、残念ながらDVDじゃ伝わらないんですよね。
カメラ割りがあるから、全てが映し出されている訳じゃないので。
だから、生で観ることが出来たのは、非常に貴重な経験。

これが今年のNo.1です。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

“2015年を振り返る アイドル編” への2件の返信

  1. >potereさん
    あ、もう2月ですね。
    チャリカフェの名前を使って頂いてありがとうございます。
    自転車コンセプトのカフェの事を、チャリカフェと呼ぶ人は増えましたが、
    自転車でぶらりとカフェめぐりの方を、チャリカフェしようと言う人は、
    まだまだ少ないですね。
    もうすこし、広められるように頑張ります。

  2. ganさん、あけましておめでとうございます。
    お仕事でのご活躍、陰ながら応援させていただいております。
    と言うか、すごいなーって。
    時折、「チャリカフェ」の名を借りて日記のタイトルとして使わせていただいていますがお許し下さい^^
    2016年、益々のご活躍とブログ更新、「チェリカフェ」ファンのひとりとして楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*