パテスリー・マテリエル(大山)

だいすき日本

こちらは月曜日のお話です。
土曜日、大行列で入れなかった中板橋のカレー屋「だいすき日本」にリベンジする事に。
なんだよ、結局行ったのかよ?
ハイ!行ったんです。

おさらいすると「だいすき日本」とは、ネガティブなツイートで話題になったお店。
それが今や、行列の出来る人気店に成長した訳です。

やはり土日ともなれば、遠方からもやってくる人も多いらしく、
そこで、自転車で15分の距離にいる僕は、
平日の昼過ぎにリベンジのアタックをしてみる事にしたのです。
さすがに平日だったら観光客的な人も少ないだろうし、
お昼過ぎだったら、ご近所の会社員も、引けている時間。

月曜日ならその時間が空いていたので、再び行ってみました。

店内

行列はなかったけれど、店内は満席。
ちょうど1テーブル空いた所に、滑り込むことが出来ました。

テーブルのビニールカバーの下には、
お客さん達からのメッセージが書かれたメモが沢山挟まっています。

メッセージ

例えばこんな感じ。
やはりこちらのtwitterを見てやってきた人が多いのです。

なんたって、最近じゃフォロワーが7万人を越えていますからね。
下手な芸能人よりも、多い。

この時点で最新のツイートは、

daisuki_vikas pradahan vikas
ツイッタでちがう ばそから きた カップルふたりのであい だいすきにっぽん から はじまり いまでも つきあっているて ずっとずっと しあわせになって ほしい

お客さん同士でカップルが誕生した事が、またまたネットで話題になって、
だいすき日本が、再び注目を集めているのです。
いつの間にか、えんむすびの神様的扱い要素もプラスされています。
ダメな時は何をやってもダメだったのに、
一つ歯車がいい方向に回り始めると、どんどん雪だるま式に加速していくんですね。

ダブルチーズナン

さて肝心のカレーの方なんですが、
頂いたのは、ダブルチーズナン、1050円。
この日は、チキンカレーとキーマカレーの2種類で、
撮る方向を失敗したのですが、ナンの間にはたっぷりのチーズが!
これが旨いのですよ。
カレーの方は、マイルド目だったので、辛めに注文した方が、
チーズナンの甘さとあいまって、バランスがいいかもしれません。
それほど、トローりチーズが効いているナンなのです。

ツイッターだけでなく、カレー好きも注目する価値ありだと思います。

■だいすき日本
■東京都板橋区中板橋26-1 いそ村ビル 101
■営業:
11:00~15:00
17:00~23:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト
お店のツイッター

パテスリー・マテリエル

中板橋から川越街道方面に戻るとすぐ近くに、
大山の商店街の入り口がありました。
そこで、大山探索をしてみる事にしました。

路地を一つ一つ覗いていくと、庶民的な商店街の中に、
なんだか華やかな雰囲気の店構えが。
ケーキ屋さんのパテスリー・マテリエルです。
右手の観葉植物の裏にはテラス席があり、
店内にも小さいながら席が見えたので、食べていく事にしました。

アメシスト

こちら数々の受賞歴を持つ、林正明さんがシェフパティシエを務める洋菓子店。
後で知ったのですが、芸能人もお気に入りにあげる有名店だそうです。

頂いたのはアメシスト(Amethyste) 600円。
ドリンクは180円でつけられます。

赤ワインの効いたオレンジの果肉と、カシスのムースが爽やかさを彩る一品。

最近では、千川のエコール・クリオロとか、
有名パテシエがあえて庶民的な商店街にお店を出す事も増えましたね。
自転車で15分圏内に、こうした名店が隠れていて、
それを探し出すのも楽しいものです。

■パテスリー・マテリエル(materiel)
■東京都板橋区大山町21-6 白樹舘壱番館 1F
■営業:10:00~20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ピノキオ(大山)

ピノキオ

マンガに出てくるような食べ物が食べてみたくなる事があります。マンガ肉と呼ばれる骨付の肉。これは「はじめ人間ギャートルズ」に出てきたマンモスの肉が代表的。

その他、ネズミが出てくるアニメに登場する、穴がたくさんあいたチーズとか、アルプスの少女ハイジに出てくる、棒にさして焼いたチーズとか。

ちょっとデフォルメされたメニューが、無性に旨そうに見える事があります。

こちらのお店も、ちょっとマンガチックなメニューが名物のお店。板橋区の大山から少し離れた住宅街にある、普通の喫茶店「ピノキオ」。

もう電源は入っていないけど、テレビゲームの麻雀ゲームのテーブルがあったり…。店内は、昭和な香りがプンプン。久々に見たトーマス・マックナイトの絵もそんな懐かしさを倍増させます。あの当時は、オシャレだったんだよなあ。恥ずかしながら、マックナイトを東急ハンズで買って、部屋に飾ったクチである。

ラッセン、マックナイト、ヒロヤマガタ、鈴木英人…現代アートと呼ばれた絵も、今では懐かしい香りを醸し出すアイテムですよ。村上隆でさえ、すでにちょいと…な香りがし始めてるし。

なんだろ?単体でみれば、どれも素敵な絵なんですけど、一世を風靡した為に、その時代というイメージが刷り込まれてしまってるんでしょうね。

ホットケーキ

さて、今回のお目当てはコチラ!ホットケーキ、450円。ブレンドコーヒーは、350円。

厚みのある、こちらのホットケーキは、型を使わず、ご主人が銅板の上で、焼き上げていきます。外はけっこうカリっとしていて、中は、ふわふわというより、少しかための、もっちりとした感じです。甘めのメイプルシロップがまた、懐かしさをそそる味です。

メニューに過去に雑誌に掲載された記事が貼られていたのだけど、それによると、近所の子供達のリクエストで作ったものを、常連客のマギー司郎さんがTVで紹介し、有名になったのだとか。

「これね。板橋の喫茶店のマスターに好評だったネタね。」というのは、このピノキオの事なんだそうで、たまに「これね。板橋の大山のピノキオのマスターに好評だったネタね」と、店名を言うこともあるそうです。

「最近はネットに載っているのをみて食べに来る人が多いんですよ」とご主人。

ご近所の常連さんに愛されるお店という感じなので、初めての人が来ると「あ、これはホットケーキだな」とわかるんでしょうね。「あなたもネットで?」と聞かれました。

フジテレビ「めざにゅー」のアナバ食堂で、椿原慶子アナが紹介してからは、ホットケーキマニアが、遠くからやってくるようになったのだとか。

「想像してたのとどう?」と、結構小心者なご主人。「おいしいですよ」というと、安心したような顔をして、カウンターに戻って行きました。この人柄、ご近所さんに愛されるの、わかるなあ。

「ここね、板橋のマギー司郎さんに好評だった、喫茶店ね」

■ピノキオ
■東京都板橋区大山金井町16-8
■営業:7:30~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ