カフェ・イワブチ(東中野)

中井

ミニベロで山の手通りを東中野方面に走っていると、橋の上から写真を撮っている人達が大勢いました。鉄道ヲタク?撮り鉄?と覗いてみると、撮っていたのは川の風景でした。

染の小道

一瞬、鯉のぼり?と思ったのですが、ひな祭りもまだなので、さすがに早すぎます。写真を撮っていた人に聞いてみると、「染の小道」というイベントでした。かつて、中井や落合の川沿いには染め物工場が並び、川で染め物を洗っていたのだそうです。その記憶を現代に蘇らせようと、妙正寺川の空中に反物を泳がせようというイベントが企画されました。今年でもう10年目なんだそうです。近所の飲食店などでも、染め物や小物が買えたり、回遊型のイベントとなっているようです。

そういえば、この日、江古田も「パンさんぽ」というイベントやってたなあ。江古田のイベントといえば、商店街がメインとなった豚汁無料プレゼントが定番でしたが、やっと、若い人達にもフィットするイベントとなりましたね。以前、商店街イベントにも参加する若手に、「あー!豚汁食いたい!」なんて、そんなに思うほどの食べ物じゃないのに、なんで、イベントでは毎回豚汁配布なの?と聞いた事があります。

若手も毎回新たなイベント案を提案しているのだけど、重鎮というか、仕切りや的な人達が、「イベントといえば、豚汁、俺の出番!」と譲らず、どうしても違う事が出来ないと、ボヤいていました。ちょっと、どこかで風穴開いたんですかね?

大盛軒

江古田といば、最近、ちょくちょくテレビで特集されていたなあ。女優の本仮屋ユイカさんや、落語家の立川志らくさんという日芸出身者が紹介していたのが、三東餃子で、関ジャニ∞の「ペコジャニ」で、餃子と野菜炒めを激推ししていたのですが、その後、行ったら、みんなが餃子と野菜炒めを食べていました。テレビの影響は凄いですねえ。

そして、志らくさんが、かつて江古田にあったけど、今は閉店して食べられなくて残念がっていたら東中野の姉妹店「大盛軒」で食べられるのを知ったとして「鉄板麺」を紹介していました。この大盛軒、「江古田では「Taiseiken」とローマ字で書かれてありましたが、東中野は「おおもりけん」です。カップルが「これだ!テレビでやってたの」と指をさしていたので、きっと「ぺこジャニ」で見たんでしょう。

カフェ・イワブチ

ミニシアターの、ポレポレ東中野で映画をみる前に住宅街の中にひっそりとある「カフェ・イワブチ」へ。

プリン

頂いたのはカフェオレ、500円と、ブラジルのプリン、400円。砂糖の代わりにコンデンスミルクを使用した焼きプリンで、固めで、甘さ控えめ。

となりの席ではカップルが、先ほど行った図書館の噺をしていました。目白の大学にある図書館に比べ、町の図書館には、オジサンが多くて怖いし、キモいと。どうやら新聞コーナーで、みんなスポーツ新聞の競馬欄を見て予想しているのが異様な光景だったらしい。

こちらのカフェでも、隣にオッサンいるけど、大丈夫かしら。

■カフェ イワブチ (cafe iwabuti)
■東京都中野区東中野1-52-2 メゾントキワ 1F
■営業:11:00~22:00
■定休日:火曜・水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ココス(東中野)

中野通り

今日は、やたらパトカーが多かったです。
4月2日の年度初めという事で、「新しく配属となった者はパトカーで巡回でも」という事なんでしょうか?1日で10台近くと遭遇しました。

3月の末あたりから、地下鉄に乗ると、やたら停止がヘタな運転手にあたり、停止位置の修正とかで、やり直しが多かったのですが、こちらも年度初めからの運転に向けての新人研修だからでしょうか?

まあ、そんな話しはさておき、面白かったのは、パトカーがあちこちで前にいるので、車が速度をあげられず、自転車より遅かったという事。いつもならイキがってるドレスアップカーも、ノロノロ運転。だから今日は非常に走りやすかったです(笑)

大盛軒

ちょっと東中野方面に用事があったので、久々に大盛軒に寄ってみました。江古田の道路拡張工事の影響で、昔ながらのお店が次々に閉店に追い込まれましたが、最初に消えたのが、踏切の所にあった大盛軒でした。

その姉妹店が東中野に残っていて、懐かしい味を求めてやってきたのです。

鉄板麺

頂いたのは、鉄板麺850円。キャベツの上に大量の豚バラ肉。その中央に窪みをつけて、生卵を流し込み、フライドガーリックをまぶしてかき混ぜながら、頂きます。

あの頃は、貧乏な若者を救済するスタミナメニューだったのですが、今食べたら、ちょっと量が多かったです。年だなあ。こんなことで、年を感じるなんて。

ココス

その近くに見つけた「ココス」というカフェで、しばし休憩。

店内

外観やインテリアはカフェ風なのですが、実は昔からご近所に愛されて来た喫茶店という感じでしょうか。カウンターでは、ご近所トークで盛り上がっていました。

アイスオーレ

アイスオーレ480円と、チーズケーキ、300円。
あとで気がついたのですが、ブレンドとチーズケーキで500円というのがありました。そっちにすればよかった。

お店の隣の席では、商談をしていたのですが、ちょっと細身のスーツにショートなトサカ風の、いかにもIT企業と言った感じの若者営業マンが、あきらかに年上のお相手に、タメ口で上から話しているのが気になって、聞き耳を立ててしまいました。

「ダウンロード数」「アクティブ数」というような言葉が飛び交っているのが、今風だなあと思ってたら、「前に言ったっすよね、今更、違うって言われても」「マジっすか、困るんすよね、そんな事言われても」「無理っすよ、今更変えられないって」と、大人しく話しを聞いているお相手に、DAIGO的な口調で、上からトーク。

すると、お相手の方が、しびれを切らしたように低い声で一言。「君、なんだね?その物の言い方は。まだ契約書に捺印もしていない、見積もりの段階で、白紙にも出来るんだよ」

DAIGO的なIT営業マンは、「それは、申し訳なかったっすけど」と言うと、カタカタと震え始めました。

なんか安いドラマを観てるみたい。あるんですね、ホントにこんなコト。

■ココス(COCOS)
■東京都中野区東中野1-51-13
■営業:9:00~19:30
■定休日:日祭
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ