カールヴァーン・キャンプ(飯能)

飯能

ここのところ週末は、ずーっと雨模様で、特に出かけたい土曜日は、昼ぐらいに雨マーク。先週末も、土曜は午前中雨予報だったので、早々にあきらめ仕事を前倒しにして土曜日に済ませ、日曜日に出かける事にしました。久々の飯能です。

徐々に輪行組も増え、駅を出ると、あちこちでロードバイクを組み立てている姿が。声をかければ改札内のコインロッカーも使えますが、構内の階段下にも欲しいよなあ。スペース広いんだから。

同様に、輪行や登山の玄関口となっている武蔵五日市は、週末はコインロッカー争奪戦!需要あるんですよ。こういう場所は。

駅ナカ

飯能も、登山ハイキング客と、自転車乗りで、観光客おこしが出来ると気づいたのか、徐々に施設が整って来ています。たしか、携帯ショップか何かだった駅ナカのスペースは、登山を中心としたアウトドアショップに。

駅前に、空気入れとかチューブとか、補給食とか、給水とか自転車乗り向けのサービスをするお店が、そのうち出来ても良さそうな。多摩湖では、付近の自転車ショップが、自転車乗り御用達のファミマに出張し、自転車の点検をしたりする事もあるぐらいだし。

飯能

さて、いつものように割岩橋を通って裏道に。この日、写真を撮り忘れたので、過去Pic。

河原

上流側は、いつもようにBBQやキャンプをする人達が。子供達、泳いでいるけど、まだ水は冷たくないのかな?

建物

そして、反対側、下流方面に、川を見下ろす黒い建物が出来ていました。検索して、サイトをチェックしてみたら、高級そうなレストランなので、自転車では寄れそうもないけど、一応チェックしに行く事にしました。

カールヴァーン

ブルワリーを併設し、クラフトビールやワイン、 地中海料理、焼きたてのパンを楽しむという、ビアレストラン。

ドレスコードもあって、

当店ではTシャツ、短パン、タンクトップ、ビーチサンダルなどのラフな服装でのご来店はご遠慮頂いております。

なので、自転車乗りはもちろんの事、河原に来たついでに覗きに来たという、輩もダメ。ジャケット着用を義務づけられています。まあ、予約もしないとダメっぽいですが。

看板

さて、外観だけチェックして帰ろうとしたら、看板に「この上でビアガーデン開催中」の文字が。しかも、こちらはカジュアルでOKとの事。お?もしかして、こっちはいける?ちょっと、覗いてみますか。

ビアガーデン

お店の上の丘には、外に作られたキャッシュオンデリバリーのビアレストラン、カールヴァーン・キャンプがありました。カジュアルが棲み分けされています。こちらは、Tシャツの若者、お子様連れなど、気軽な感じで立ち寄った人達が多数。

バイクラック

とはいえ、サイクルジャージは浮くだろうなと思っていたら、バイクラックもあるではありませんか?お店の方に、こちらはサイクルジャージでも大丈夫ですか?と聞くと、テラス席は、OKとの事。外のテラスエリアは、初夏から秋までの営業らしいのですが、秋の紅葉ライドまで、使えそうです。

テラス

まず、建物の右裏手にあるテラス席。まずは、注文しお金を払うと、フードコートなどで使われている、無線の呼び出しベルを渡されます。なので、こちらでのんびりしながら、食事を待つという感じ。

下テラス

ちなみに、ここからの景色はこんな感じ。この下にらせん階段を降りていく、下のテラスがあり、そちらも、カジュアルOKです。レストランの方のテラス席は、川沿いにあり、レストラン側とは、店員さん以外、行き来出来ないようになっています。野球場の内野指定と、自由席の境目みたいな感じで。

キーマ

女性の店員さんに、下のテラスも気持ちいいですよと勧められたので、らせん階段をおりて来てみました。うっかりな親子達が、下でオーダーを取ってもらえる物と思い込み、注文せずに下に降りてきてしまって、また登るという事をしていたので、皆さんは、先に注文し、料理を受け取ってから、降りた方がいいでしょう。

頂いたのは、キーマカレー。1000円。そしてビアガーデンですが、自転車乗りなので、辛口のジンジャエールに。400円。

将来的にはベーカリー、ジェラート、ゲストハウスなどを加えCARVAAN RESORTとなる予定だそうです。夏は、この下の飯能河原は、駅近のBBQスポットとして人気だし、山登り、自転車乗りで、観光客増。さらに、高級リゾート系と、カジュアルを棲み分け、女性に人気のベーカリーと、ジェラートが出来たら、全方位型の観光スポットになりそうですね。

■CARVAAN CAMP(屋外エリア)
■埼玉県飯能市大河原32-1
■営業
17:30~21:00(金)
11:30~21:00(土日祝)
■定休日:月〜木(週末のみの営業)
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*