猪苗代ライド2日目

ホテル

猪苗代ライド2日目の朝。
前日、二次会をパスしたおかげで寝覚めバッチリ!

朝食はエネルギー用の炭水化物を中心に腹八分目に。

磐梯山

さあ、いよいよ2日目は磐梯山をグルっと一周するヒルクライムコースです。

五色沼

五色沼に向かう国道459号は、登り基調なものの、
せいぜい傾斜が5%ぐらいなので、まあ何とか。
その辺は、二日酔い防止で、体調万全なのが功を奏してます。

五色沼方面は自転車が入れないので、残念ながら観光は断念。
五色沼入り口の自販機前、木陰で一旦休憩。

裏磐梯

そこから、磐梯山のふもとをグルリと回って、檜原湖方面へ。
ドライブインで昼食。

喜多方ラーメン

お蕎麦は昨日食べたので、今日は喜多方ラーメンをチョイス!
麺が中太ちぢれで食べ応えあり。
塩分補給を考えて、スープも頂きます。

ジェラート

デザートにジェラート。
ダブルで300円って安くない?
夏限定のブルーベリーの下の白いのは山塩。

会津の周辺って「山塩」がキーワードの食べ物って多いのですが、
これは海水ではなく、温泉の塩分から作った塩の事だそうです。
泉質に「食塩泉」とかあるけど、たぶん、そういうヤツ。

バニラ風ですが、ちょっぴりしょっぱいです。
まあ塩分補給にいいんじゃないですか?

だってこの時点で、自分のスネあたりが塩を噴いて塩田に。
塩分補給しないと足が痙っちゃうよ。

磐梯山

桧原湖からは、磐梯山ゴールドラインをヒルクライム。
ここで自分のヘタレぶりに心が折れました。

傾斜5%までは大丈夫。
7%までは、なんとか持ちこたえるのですが、
10%が来ると、もう終了です。
スプリンターでもないのに、グルペット状態。
何の仕事もしていないのに、さも仕事を終えたアシストかのように、
どんどん後方に落ちて行きます。

その間に女性陣がスルスルと軽やかに登って行きます。

心に決めました。
まずは体重を落とそう。
自転車の軽量化の前に自分の体重だ。

でも苦手ははっきりしていて、軽いギアでの髙ケイデンスの意地が全く出来ない。
これってどうやって練習すればいいの?

猪苗代湖

ダウンヒルでも、女性陣にバンバン抜かれたんだよね。
度胸がいいっていうか。
ポタラーは、全く持って面目なかったです。
結構、今回、山がトラウマになりましたよ。

ホテル

福島でも東京と変わらない真夏日。
超初心者レベルに落ちていていた自分に落ち込みました。

ヒルクライムで足を使い切り(自転車用語で売り切れという)
平地に戻っても、橋を渡る2%とかの坂で、もう足が回らない。
ホント、情けなかった。

まあ今回の良かった事は、ボトルを水からスポーツドリンクに変えて、
ミネラル補給が上手く言って、足が痙らなかった事。
どうもスポーツドリンクが温まるのがいやで、
ボトルは水で通し、タブレットで塩分補給していたのですが、
それでも終了後に足を痙ること多数。

今回はこんなにヘタレたのに、全く、足に異常なし。
だったら、もっと走ってくれよと思うけれど。

課題が見えたことは、良かったのか?
それとも、このままトラウマになってしまうのか?
なにはともあれ、完走はしたので、一応良しとしておきましょう。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

“猪苗代ライド2日目” への2件の返信

  1. >やっさん
    富士スバルライン登ってらっしゃるじゃないですか!
    僕は今回、足が無くなるというのを実感しました。
    かなり自信無くしましたね。

  2. お疲れ様でした&天候にも恵まれ楽しそうで良かったですね。

    10%は普通にキツイですよね。高ケイデンス維持、私も知りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*