スコップカフェ(新宿三丁目)

Y'sロード

週末に南房総サイクリングする事になったのですが、
まだ寒いのにロングのウエアがありません。
これまで冬はポタリングしかしなかったので、普通の服で走ってたし。
そこで慌ててY’s Roadの新宿ウェア館へ買いに出かけました。

ビルの中に自転車持って入っている人がいますが、
この入って左手にY’s Road新宿本館があり、その中に駐輪場があるからです。
ちなみに正面がウエア館。

パールイズミ PEARLIZUMI 228-3D コールドブラック タイツ 【2013年春夏モデル】


ファッション業界は季節を先取りで、売り場に商品を並べますが、
自転車ファッションも、すでに初夏向けの半袖、ハーフパンツが主流。
長袖やロングタイツはセールスがかかっていて、売り尽くし状態。
自転車乗りは小柄な人が多いので、SやMサイズは、ほとんど売り切れ。
XLサイズは若干残っていたので、
その中から初夏用のロングタイツを購入しました。
セーフ。

その他、売り場をまわっていて目についたのが、
Y’s Roadが独占でヒンカピー社のジャージを扱っていた事。
Y’s Roadでしか買えないそうです。

ヒンカピーとは、ロードレースの選手でツールドフランスなどで活躍した
ジョージ・ヒンカピーの事。
特に2009年のHTCコロンビアでのアシストっぷりは最強でした。

【予約受付中】2013年BMCレーシングレプリカジャージ セット PEARL IZUMI USA

(2013/3/16 19:32時点)

彼は、ヒンカピースポーツウエアというアパレル会社を持っていて、
昨年引退前に所属したBMCなどにウエアを供給していましたのは有名な話。

ただ巷に出いているBMCジャージのレプリカは、パールイズミUSA製で、
ヒンカピー社のものではありません。

なので、噂に聞いていた本物を見るのは初めて。
BMCの物ではなく、通常の黒一色の物が売られていたのですが、
こちらは逆に、裏起毛の冬用した無かったので断念。
初夏があったら、ヒンカピー社の買ってただろうな。
ファンだけに。

スコップカフェ

さて、無事にロングのウエアを入手したところで、
新宿三丁目の新宿通り沿いにある、スコップカフェでお茶をする事に。

階段

ビルの入り口は冴えない感じの雑居ビルというイメージなのですが、
階段を降りると、徐々に手作り感溢れる温もりのある感じへ。

スコップ

そして入り口前には、お店の名前ににもなっているスコップが。

店内

お客さんが沢山いたのでカメラを向けられませんでしたが、
この背中側に割と広めのフロアがあり、
カワイイ感じのインテリアでまとめられています。
雑居ビルの入り口からは想像出来ないような、いい雰囲気。
まさに隠れ家と呼ぶのがふさわしいお店です。

カフェラテ

頂いたのは、カフェラテ、450円。
日付入りなので、行った日がわかりますね(笑)

この日、僕の隣りに座っていたカップルの、
女のコが彼氏に、お店の名前の意味を聞くようにせっついています。
彼氏が店員さんに聞くと、
「裏には深い意味もあるのですが、恥ずかしいので、
 地下だから…という事にしておいてください」
との事。

そこで想像してみたけど…。
きっと何かを掘り下げるって意味だろうな。
人間関係とか?

■スコップカフェ(SCOPP CAFE)
■新宿区新宿2-5-11 甲州屋ビルB1F
■営業
11:30〜24:00(平日)
12:00〜24:00(土日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*