RON CAFE(江古田)

江古田に出来たRON CAFE。この名前の由来は何だろうか?

四谷に有名な喫茶店「コーヒー ロン」がありますが、あちらは、Lawnで芝という意味。一号店の庭に芝生があったからそうつけられたのだそうです。

湘南にも有名なLONCAFEがあります。あちらはLON。ロンドンの都市コードがLONなので、ロンドン系かなと思ったらフレンチトーストのお店。調べてみたら、江ノ島にまつられている龍神に由来して「龍(ロン)カフェ」なのだそうです。

RONは何でしょう?僕の知り合いのハーフタレントさんは、名前がロビン(Robin)なのですが、自分の事を「ロン」、まわりからも「ロンちゃん」と呼ばれています。ロビン=コマドリなんですが、鳥にまつわるニックネームでしょうか?と、色々と注文の品が来るまでいろいろ想像してみました。

頂いたのは、プリン580円。カフェラテはセット料金で300円。880円+税で968円。

最近、僕のまわりでは、固めのプリン派か、なめらかプリン派かという論争が起きるのですが、僕は圧倒的に固めのプリン派。

出来れば甘さ控えめの方が好き。渋谷のCOFFEEHOUSE NISHIYAとか、赤羽の豆電コーヒーとか、上井草のSLOPEとか。

江古田では持ち帰りのバトーさんのが有名なんですが、開店前に行列を作る中に並ぶ勇気がなくて、見送り中。

そんな中、Instagramで、こちらのプリンが流れて来て、さっそく行って来ました。

固めなんだけど甘すぎず。よしよし。

■RON CAFE
■東京都練馬区栄町3−13
■営業時間:10:00~22:00
■定休日:なし
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ロイヤルホスト 江古田店(新江古田)

今年の秋はファミレスのパフェが頑張っているとの事で、今度はロイヤルホストにやって来ました。

ロイヤルホストはワンランク上のファミレスという感じで、値段も多少お高いのですがお料理が美味しい。ホテルのような丁寧な接客。

SNSで、食べログのロイヤルホスト八丁堀店の口コミにかき込まれた、外国人の思い出が泣けると話題になって事もありました。

「1週間しか日本いないのに、貴重な1回の食事をわざわざファミレスで食べるおかしいだろ」
日本の友人に笑われた。
でも僕はこの八丁堀ロイヤルホストのハンバグ。日本来たら必ず食べる。

の書き出しで始まり、不安な中で親切にされたロイヤルホストの料理が、美味しくて想い出に残っているという事が、温かな文章で綴られているのです。

久々に来たけど、ロイヤルホストはいい雰囲気だなあ。

頂いたのは、「渋皮栗とほうじ茶のブリュレパフェ」980円+税。

デニーズの「シャインマスカットのザ・サンデー」で夏の香りの残す秋のパフェだとしたら、ロイヤルホストは冬の到来を予感させる秋の味。濃厚なのです。

「紅葉は外して召し上がってください」と案内された通り、紅葉をどけてからスプーンでつつき、パキンとブリュレを割ります。

マロンの甘さと焙じ茶のほろ苦さが混じり合い、濃厚な出だし。しばらく濃厚なパートが続きます。

濃いなあ…と思いかけたところで、甘酸っぱい「赤すぐり」ソースとホイップクリームで、味変。口の中がさっぱりして、濃厚が一回無かった事に。

パフェの底には、甘さ控えめの焙じ茶アイスと、ほうじ茶ゼリーが敷き詰められていて、ゼリーの中には渋皮栗がごろごろ入っていて、上品な栗の味でフィニッシュ。

実はこちら、2018年から秋になると登場する、人気のメニュー。

僕の文章が信用出来ない人は、Twitterで、「渋皮栗とほうじ茶のブリュレパフェ」で検索してみてください。みんな絶賛しているから。

そういえば職場で、「ロイヤルホストの栗のパフェが旨いんだよねえ」と言ったら、「え?パフェなんて食べるんですか?」と女性陣にドン引きされましたが、「栗のパフェ旨いっすよね。栗でいうと、僕は谷中の和栗やのモンブランが好きなんです」と反応したのは、唯一の二十代男子でした。

■ロイヤルホスト 江古田店
■東京都中野区江原町3-33-10
■営業:9:00-24:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ