肉の極 大地の恵み(江古田)

ランチ時に店先で女の子がお弁当を売っているので、気になっていたお店。日芸前の長寿庵渡邊だった所。

のれんに「極」とあるので、お店の名前は「極」かと思っていましたが、店名は「肉の極み 大地の恵み」らしいです。

夜はA5ランクの和牛のお店らしいのですが、今、お試ワンコインランチ丼のフェアをやっているので、お試しにちょうどいいなあと、行ってみる事に。日替わりで料理が変わります。

頂いたのは先着15名様限定のカツカレー500円。

ルーは欧風系なんですが、カツは、那須高原豚を使った物で、揚げたて。肉厚でなかなか食べ応えもあり。確かにいいお肉を使っているのがわかります。これで500円ならかなりお得でしょう。お試しにはぴったり。

通常のランチの目玉は、「米沢豚炙りとろ豚丼」も厚切りのチャーシューが載って1000円。写真を見たらかなり肉厚のチャーシューだったので、そちらもお試ししてみたいかなという感じ。こちらは豚丼のながいあたりがライバルになるのかな。

その前に、お試しワンコインランチか、お弁当も700円で米沢豚焼肉とかもあったので、お肉の味をお試ししてみるのが良いかもしれません。

■肉の極み 大地の恵み
■東京都練馬区小竹町1-55-3 JM3ビル1F
■営業:
11:00〜14:00
17:00〜22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

タカノフルーツパーラー 池袋東武店(池袋)

普通「クリパ」と言ったらクリスマスパーティーの事ですが、最近、パフェにはまっている自分にとっては栗のパフェ。

インスタで流れて来たタカノフルーツパーラーの栗のパフェが美味しそうだったので、行ってみました。

土日は行列が出来ていますが、平日だったら、ギリ並ばずに座れるので、お勧め!といっても席を間引いているので、常に満席になるかどうか、ギリギリの状態ですけど。

タカノフルーツパーラーはオペレーションを見ているのも楽しいのですよ。お客さんが入ってきた瞬間に、担当するウエイトレスさんが、お盆に水の入ったグラスを載せてスタンバイ。でも、お客さんが席に座るまで水を持ったまま動かず、着席して、メニューを開いた時点で、席まで行ってお水をサービス。

昔の談話室滝沢とかがそうでしたが、こうしたホテル並のサービスって、「気が利く」だから、通常のマニュアルではなかなか出来ません。今だったら銀座ウエストとかかなあ。ウエイトレスさんのプロの誇りが残っているのは。

その名もズバリ「栗のパフェ」は、税込みで1760円。

一口食べて何よりビックリしたのは、栗が甘い!

江戸時代「栗(九里)より(+四里)うまい十三里」と言って江戸から十三里の川越のさつまいもが絶賛されましたが、ガチでさつまいもよりも甘い!なんだろう?この品種!メニューには書いていなかったのですが、書いて欲しいわー。

今のトレンドって渋い栗の方だったりしますが、この甘さはインパクトあるでしょ!

甘い栗と濃厚なモンブランのようなマロンクリームゾーンをスタート地点に、味変でシャーベットみたいな感じのミルクティーのグラニテ。そこからマロンブリュレとカラメルソースという、上から掘っていくコース料理のようなパフェコース。

欲を言うと、一番下に渋い和栗が沈んでて欲しかったなあ。なんか、パフェをコース料理として楽しむ視点をGETして、グルメライターみたいなうるさい事言いそうな雰囲気に。

ダメダメ!その気になっては…。

■タカノフルーツパーラー 池袋東武店
■東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 2F
■営業
10:00~21:00(月〜土)
10:00~20:00(日)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ