カフェ クーポラ(目白)

月に一度のお楽しみ!クーポラの新作パフェを頂きに目白までミニベロでひとっ走り。15分。

今回は「いばらキッスのバレンタインパフェ」。

都道府県魅力度ランキングで毎年最下位だった茨城県ですが、2020年は最下位を脱出し、4ランクアップし、42位へ。実はメロンの出荷量は日本一だったり、いちごも全国8位と、フルーツ王国的魅力があるのに、これまでそれを上手くアピール出来ずに来ました。

ところが今年は、茨城県 営業戦略部 販売流通課が、都内の人気カフェと組んで、いばらキッスを使ったスイーツフェアを展開。その一つに、この目白のクーポラのパフェが選ばれました。

プレスリリースもこれまでの茨城っぽくないし、お店選びも世田谷のロッタとか、カフェ好きが選んだというラインナップ。急にどうした?茨城県!

さて、いつもはパフェを観察しながら、色々と戦略を練って食べていたのですが、クーポラは安心して身を委ね、上から下に順番に食べていけばいいので、楽っちゃ楽です。

真ん中に鎮座するのは、いばらキッスのソルベと、ホワイトチョコのジェラート。こちらから見た感じだと真っ白ですが、スプーンですくうとピンクのソルベが顔を出します。ジェラートだけで、苺ミルク感が楽しい!

糖度が高いながら適度な硬さで食べ応えのある「いばらキッス」を薄くスライスして、ほどよい酸味に。

カット苺の下は、濃厚ながら上品な甘味のシャンティクリーム。こちらはショートケーキを想像させるゾーンです。その中に食感を変える、ポロポロと崩れるクッキーっぽい生地のキャラウェイのクランブルが。

コーヒーのパンナコッタの下には、チョコレートジェラート。味はリレーしているのに温度差でタッチをつけるとか、さすがクーポラ!温度差つけた上にピスタチオを忍ばせてあったり、さすがすぎる!

ファミレスのパフェは、同じ温度の物を一緒にしちゃったりするから、食べる側がアイス温存したり、工夫が必要だったりしますが、もう全ておまかせでOK!

レッドフルーツティーの酸味のジュレに、最後はチョコレートクランチ。久々に無心で上から順番に頂きました。

お会計の時「次は柑橘系のパフェですかねえ」とプチ予告!楽しみにしております!

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:30~20:30(火水木土)
14:00~20:30(金)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ココス 千川店 (千川)

家からリモートで生放送に参加。番組終了、即帰宅という事になるので、余った時間を使ってパフェ活へ。ランチも夕食も自炊なので、1日中引きこもり。夕方、買い出しに行くついでのこの時だけが、唯一の気分転換となります。

千川駅前のCOCO’Sは、徒歩5分圏内に豊島高校、千早高校、板橋高校と3つの学校があるので、訪れた午後4時過ぎは、学校帰りの女子高生のグループが所々に陣取っています。キャッキャしているというよりは、試験中なのか勉強を教え合っているという感じ。みんな真面目だなあ。

そんな中、オジサンは今日は、もう仕事を終えたので、一人でパフェを食べます。

パフェに女子高生達の視線を感じます。

クイーンいちごパフェ~ピスタチオソースとともに~。¥1,190+税。いちご12粒を使用した、ガッツリといちごを頂くパフェです。パフェを眺めながら、どう食べようか、しばし考える。

ピスタチオソースは別添え。インスタなどでは最初からかけて、いちごの赤と、ピスタチオの緑で、遅れてきたクリスマスツリーみたいにしている人もいたのですが、あえて別添えにした意味があるんじゃないかと思いました。トップからかけるなら別添えじゃなく最初からかけて出すのでは?それともソースをかけると運ぶのが難しいのかな?とりあえず「別添えだから後で」を選択し、まずはいちごを堪能し、酸味にあきたあたりで濃厚なピスタチオソースをかける作戦に。

いちごの酸味が意外と強いのでホイップクリームに絡めながら頂きます。いちごを三段食べたらバニラアイスが出現!ここだな!ピスタチオソースは!と、ちょろっとかけてバニラと混ぜながら頂くと、濃厚さがさらに増し、これまでの酸味を一旦リセットしてくれました。正解だ!一問といて前進したような軽い達成感。でもまだどこかに仕掛けはあるハズと、ピスタチオソースは使い切らず、半分残しておく事にしました。

グラスの上部、ホイップクリームゾーンの下は、定石でいうと食感を変える感じで、ナッツやビスケット類、クレープをパリッと焼いて砕いたフィヤンテーヌなどが来る事が多いのですが、サクっとした食感があったけど甘い。なるほど、マカロンのようなメレンゲか。そう来たか…。

その後、いちごのシャーベットを頂いていると、マシュマロも出現。マカロン、マシュマロという甘めの洋菓子リレーですか。ほう。と感心していたら再びバニラアイスが出現したので、再び、ピスタチオソースを投入し、シャーベットの酸味を再びリセット。

最後は、いちごソースにつかったカットいちごでフィニッシュ。

どうでしょう?自分的には、別添えピスタチオソースの謎を完璧に解いた名探偵の気分なんですが、COCO’Sの商品企画会議ではどんな意図が解説がされていたのでしょうか?

スイーツに隠された謎を求めて、パフェ探偵の旅は続きます。

■ココス 千川店 (COCO’S)
■東京都豊島区要町3-23-7 大野千川ビル 1F
■営業:10:00~深夜2:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ