ボウルズカフェ(新宿三丁目)

ボウルズカフェ

ブルックリン・パーラーを出た後、再び新宿三丁目付近をウロウロ。
新宿御苑側の甲州街道沿いに出てみると、
すでに暗くなっているものの、個人店っぽいよさげなお店がチラホラ。
そんな中にテラス席のあるお店があるので、覗いてみました。

看板

夜カフェの看板が出ていたので、入ってみる事にしました。
お店の名前は「ボウルズカフェ」。
夜カフェと出ていますが、お昼からやっている模様で、
この付近は、飲み屋さんも多いので、カフェというのを打ち出す為なんでしょう。
その方が女性だけのノンアルコールグループも入りやすいですしね。

ここを曲がった所には、オープンタイプのバールっぽいお店もあり、
そっちは逆に、アルコールメインという雰囲気でした。

テラス席

店内は2人掛けの席がいくつかあるのですが、全席、女子のみのお客さん達が。
ガールズトーク花が咲いているもようだったので、
室内は遠慮して、テラス席に陣取る事にしました。

営業マンらしきサラリーマンが、
顧客と思われる女性をこの目の前まで送って来て、
「こちらのお店は、女性に人気のカフェなんですよ。
 またお越しの際は、寄ってみてください」
などと話していたので、この付近にお勤めのOLさんにも人気なんでしょうね。

目の前が新宿御苑なので、昼間もきっと借景で緑が奇麗なんじゃないでしょうか?
ランチもよさそうです。
テラス席は夏よりも、今の時期の方が心地よいです。

ボウルズカレー

頂いたのは、ボウルズカレー。
単品で850円だったのですが、ドリンクをつけて1260円。

スパイスは効いているものの優しい味で、
細かく刻んだ具が沢山入っているので、キーマっぽい雰囲気の食感も。
あくまでもルーのカレーですが。

テラス席は誰もいなかったので、ブルックリン・パーラーよりも、
こっちの方が読書しやすい雰囲気で、
食事を頂きながら、買った資料をのんびりと読む事ができました。

■BOWLS cafe (ボウルズカフェ)
■東京都新宿区新宿2-5-16 霞ビル1F
■営業:
11:30~22:00(月〜土)
11:30~20:00(日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

模索社

このボウルズカフェのある角を曲がってすぐの所に、
模索社という、ちょっとコアな本屋さんがありました。

自費出版や少数出版の本をメインに扱うお店で、
政治的イディオロギーや、社会問題、事件を追ったルポタージュ、
危険な香りのする本がいっぱい。

音楽的な本だと、アンダーグラウンドでのパンク史とか、
ものすごいトガったヤツも並んでいました。

新宿二丁目

なんかカオスな雰囲気がするなと思っていたら、この先は新宿二丁目。
世界一のゲイタウンと呼ばれる、人種のるつぼです。

若かりし頃、ヘアメイクとかスタイリストの人達に連れられて、
よく二丁目で遊んだものですが、このエリアに足を踏み入れるのは10年ぶりぐらいかな。
久しぶりだと、なんだかちょっとビビる。

オープンなBARの前の路上には、50人ぐらいの外国人の集団が。
もちろん全部、男です。
ブラピなみのイケメンも多数。

日本人は、短髪でガッシリしたラガーマンタイプや、
細身の、スタイリスト系。
羽のヒラヒラしたショールをまとって派手なメイクのドラッグクイーン。
やっぱり、このエリアは、ちょっと違います。

昔、よく来た、老舗クラブのNEW SAZAEを探したんだけど、
どこだったか場所がわかりませんでした。
そこも、カオスだったなあ。

チラシ

さて、新宿三丁目に戻り、この日のメイン、オールナイトのイベントに参加しました。
J-WAVE主催の「朝までピンクフロイド」。
飲み仲間の女子が、このイベントに応募して当選し、誘ってくれたのです。

ピンク・フロイドの最新リマスタリングBOXのリリースを記念して、
映画館で、大音量で聴いたり、
ウォールなど、ピンクフロイドの映画を見ようというもの。
クリス・ペプラーさんの番組の公開収録もありました。

サッポロビールがスポンサーなので、館内ではビールも飲んでOK。

映画は、2本上映されたけど、正直1本で良かったかなあ。
それより、5曲しかやらなかった爆音試聴会を、もっとやって欲しかったです。
特に、「time」とか「money」が収録されたアルバム
「The Dark Side of the Moon(狂気)」をフルで聴くとかね。

やはりプログレの雄と呼ばれただけあって、こちらも映像がカオスだったなあ。
ある意味「狂気」。

電光掲示板

そんな訳で、ヘビーな映像の連続でしたが、最後まで参加。
帰りは、朝5時すぎ。

プログレの曲は、ピンクフロイドの原子心母しかりで、長尺の曲が多いけど
この日のプログレイベントも、まさに長尺でした。

は〜さすがに疲れた。
早朝の町並みが退廃的に見えました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ブルックリン・パーラー(新宿三丁目)

ブルックリン・パーラー

この日、新宿で行われる夜イベントに参加する為に出かけたのだけど、
その前に本屋さん等で資料探しもしたかったので、
夕方早めに出かけ、夜までの間、カフェめぐりで時間をつぶす事に。

ちなみに今回の夜イベント、ビール会社がスポンサーなので、
飲酒運転にならないように、自転車ではなく電車で出かけました。
なので、正式にはチャリカフェではないけれど、許してちょ。

しばらく新宿に行ってなかったけど、3丁目のあたりは様変わり。
そんな中で新宿マルイアネックスの地下1階にある
「ブルックリン・パーラー」に行ってみる事にしました。

店内

ここに来てみたかった理由。
ジャズでおなじみのブルーノートジャパンがプロデュースするお店というのと、
店内奥に見える本棚は、BOOKカフェなど本にまつわる店舗設計などを手がける
BACHのコーディネイト。

ヴィレッジバンガードとはまた違い、ちょっと洗練された感じで、
本や音楽、アートを融合し、発信するという触れ込みのお店と聞いていたからです。

確かに、その世界観はオシャレ。
ただやはり大手資本が入っているからか、
不特定多数を意識した方向性のセレクトで、少し主張は薄い感じ。
なんかインテリアとしては雰囲気抜群なんだけど…。

まあ、本を選びたくて来るというよりは、
たまたま入ったら、オシャレな本が沢山で、手にとって見たくなる
…というコンセプトのお店なんでしょうね。
たぶん。

カプチーノ

カプチーノは、682円。

お店は100人以上入れそうな大箱なんですが、
通路は広めにとってあるし天井も高いので、地下なのに開放感はあります。
ただ、隣りのテーブルとの距離が近すぎて、混んでくると少し気まずい。

どうしても、これだけの大箱だとシフトの関係で、
バイト君達にも頼らざるを得なくなるのだろうけど、
お店のコンセプトがオンリーワンなだけに、
サービスがマニュアル接客系な感じで、少々もったいない気がしました。

とは言いつつ、これは自分が book cafeという言葉から
一人で本を読みながらまったり…という視点で見てしまい、感じた事で、
別の使い方をすれば、非常に使い勝手のいいお店でもあると思います。

雰囲気も地下のお店だけに、夜カフェに近く、
一人でのんびりと時間をすごすというよりは、
誰かとおしゃべりに花を咲かすという方が向いているような気がします。

それほど酒好きじゃない女性に、
「飲みに行こうよ」というと居酒屋的な想像されて敬遠されがちですが、
「御飯でも食べようよ」と誘って、
食事しながらライトカクテルでも1杯的な時に、いんんじゃないですかね。

まあ、僕の回りには酒好きじゃない女性がいないので、実証出来ないのですが…。

あと、待ち合わせなどにも、いい感じのお店だと思います。

■ブルックリンパーラー (Brooklyn Parlor)
■東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス B1F
■営業:11:30〜23:30
■定休日:なし
場所はこのへん
お店のサイト

book cafe好きだったら、
武蔵小山のハイマットカフェなんかもオススメ。
もっとコアな感じだったら、高円寺のR座読書館とか。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ