チャオ ベッラ チンクエッティ

新宿

久々の歌舞伎町。
結構ビルが建て替えられてキレイになっているのですが、
ちょっと路地を入れば怪しさ満載です。

BLAZE

さて、今回は、うちの番組のDJを務めてくれている
岡田ロビン翔子さんが所属するアイドルグループ、
チャオ ベッラ チンクエッティのLIVEへのご招待を受けて、
新宿のライブハウスBLAZEへ。

そのライブのMCで、嬉しい発表がありました。
ツアーの千秋楽は、大阪の「なんばHatch」で開催されるのですが、
そこで、ガールズバンド Draft King の楽器隊が、
バックバンドを務めてくれる事が発表されました。

たぶん、このブログを読んでくれている大多数の方が、
アイドルというと、AKBとか、乃木坂のようなものを想像すると思うのですが、
チャオベラは、LIVEアイドルで、ロックのノリの方が近いと思います。

たまにロックバンドのライブも見に行ったりしていますが、
そんじょそこらのバンドより、会場のあっため方や、煽りも上手い。
なので、以前より、ガールズバンドと、そのファンの方との
親和性が高いだろうなと思っていたので、今回のコラボの発表は嬉しいかぎり。

生歌だからボーカルに厚みがあるし、
元々スタッフバンドをしょってライブをやっていたグループだから、
バンドライブ慣れもしてます。

最近は、アイドルフェスの出演が多いけれど、
バンドとの対バンの方が見てみたい。
そう思っている人は多いらしく、ツイッターでこんなハッシュタグがありました。

#チャオベラと対バンしてほしいバンドあげろ

1年前に、Draft Kingって言ってた人がいたんですよ。
それが今年、渋谷で対バンした事をきっかけに、バックバンドでコラボする事になって。

Draft Kingとのコラボ、見たいなあ。
大阪かあ。

P.S
なんか最近すごい可愛い女性ファンの人達が増えましたね。
物販に並んでいる女の子にアイドル並みの子達がいてビビりました。
女の子が憧れるという要素があるんでしょうね。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

風男塾 Zepp 東京

お台場

久々のお台場。
2月1日から、自転車シェアリングの千代田区、中央区、港区、江東区での、
広域実験が開始され、区を越えてシェアサイクルが開始されます
これが開始されたら、例えば有楽町で自転車借りて、
銀座、勝ちどきと抜けて、新豊洲経由でお台場行って乗り捨て。
…なんて事も出来る。
2月になったら、自転車シェアリングの記事も書いてみたいと思います。

最終的に23区まで広がったら、車がいらないケース増えて来ますよね。

ZEPP東京

さて今回は、ZEPP東京へ。
男装アイドルユニット、風男塾のコンサートへご招待を受けて、伺って来ました。

ご招待を受けたので、グッズぐらいは買おうと、Tシャツを購入。
これからアイドルのライブ行ったら、Tシャツ買う事にするかな。

風男塾

ところで、風男塾、女性アイドルっていえば女性なんだけど、
宝塚のように男装しているので、見た感じ女性ファンが9割ぐらいかな?
関係者席も女性アイドルが多くて、僕の隣りも某アイドル。
これまで見てきたアイドルのライブの雰囲気とは、ちょいと違います。

うちの番組は、アイドルの中でもしゃべりが上手いと定評のある、
チャオベッラチンクエッティの岡田ロビン翔子さんが担当している訳ですが、
写真左の青明寺浦正くんも、しゃべりが上手で、お願いしてゲストに出て頂いた事も。

2月24日にニューシングル「友達と呼べる君へ」のリリースもあるし、
またゲストに来て貰いたいなという事で、
その前にライブを拝見させてもらう事にしました。

これまで女性アイドルのライブばかり見ていたのですが、
それに比べ風男塾はダンスの振り付けが直線的で、男性的。
カッコイイのです。
僕の隣りの某アイドルも、完全に憧れの男性を見る感じで、
キンブレを振り続けていました。

会場の様子も男性ファンが少ないせいか、推しジャンとか少なく、
フリコピも、上半身だけでやっているので、ぶつかったりせず快適な様子。

ライブはストーリーがあり、怪盗団6MONKEYSが逃走中というコンセプトで
ドラマを作り上げていきます。

イケメン6人組なのに、MCでしゃべり出したら関西出身が多いせいか、
コテコテの関西弁が飛び交います。
そのギャップが、ちょっと面白い。

途中STOMPみたいに、クラップとかゴミ箱を叩いたりしてリズムを作り、
歌うのがカッコ良かった。
あと、この日は懐中電灯の持ち込みが可で、
逃走中のシーンになると、キンブレ(ペンライト)を消して、
みんなが懐中電灯で、スポットライトのようにメンバーを照らします。

この演出がなかなか良くてですね、
懐中電灯って光が分散というより、直進型の物が多いので、
小さいライトなのに、サーチライトみたいな効果を生み出すのですよ。
光の筋を、観客が何本も作っているのが面白く、美しかったです。
同時に自転車乗りなものですから、ブルベとか夜間走行につかう
ロードバイク用のライトを持ち込んだら、強力だろうなあと妄想。
ちょっと、やってみたいねえ。

さて、僕はアイドルのライブだと、ダンスに目が行きがちなんですが、
仮屋世 来音くんが、非常に上手で、見とれてしまいました。

ひとつのストーリーにのっとって進行して、ショーを見せながら、
その物語の中に、観客を巻き込み、参加させ、みんなで作り上げていきます。
ライブというより、ディズニーのショーレストランなどの雰囲気をもつ、
エンターテイメント。
この手法がさらに洗練されると、一気にブレイクするんじゃないかな。
他のアイドルにはない、独自の見せ方だなあと感心しました。

ハロプロなどにも女性ファンがめちゃくちゃ増えていますが、
そういう方々は、1度、風男塾見ておいてもいいんじゃないですか?
面白いと思いますよ。

オフィシャルのライブ動画を探したんだけど見つからないので、
後半がLIVE形式になっている「瞬間到来フューチャー」のMVを。
間奏で、ソロダンスをしているのが、仮屋世 来音くんです。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ