GEM 品川ステラボール

DSC00500

久々の品川。
先日、番組のゲストで出演して頂いた南口奈々さんが所属する
GEMのライブにご招待頂き、行ってきました。

DSC00505

会場は、品川ステラボール。
場所はwing高輪を抜けて、さらに品川プリンスの奥、
エプソン アクアパーク品川のお隣にあります。

これまでご招待頂くのは、ハロプロ&アップフロント系が多かったのですが、
それ以外のワンマンとなると、
1月にZEEP東京で行われた風男塾のライブ以来。
アイドルが一堂に会するアイドルフェス的なものは、ボチボチ行っていますが。

GEMは、avexのレーベルiDOL Street所属で、
ダンススキルの高いコ達を集めたグループなので、見応え十分。
ダンスはハロー系というよりは、
同じavex所属のE-girlsに近い雰囲気。

今回は、GEMのセンターの武田舞彩さんが、
さらなるスキルアップの為に、LAに2年間の留学をする事になり、
10人体制のGEMとしては、一旦これで最後。
(2年後に復帰する予定ですが)
という訳で、いろいろな想いのつまったライブとなりました。

関係者に渡されたセットリストには、
一幕、二幕、三幕と書かれてあり、
三部構成である事が、事前にわかりました。
しかも、部ではなく幕という言葉を使っているように、
ストーリー性を重視した構成。
留学する武田舞彩さんを送りだそうという演出が。

一幕と、三幕は、いつものように盛り上がるナンバー中心でしたが、
二幕は、魅せる要素がいっぱいでした。
傘を使ったり、ミュージカルを想わせるような演出。

ただただ湧きたい勢は、少し戸惑っている様子でしたが、
こういう幅を持つことで、新規のファンが増えていくんじゃないかな?
…と、想いました。
個人的には、この二幕のゾーンが凄く良かったです。
他のアイドルには出来ない事が盛り込まれていて、
スキルのあるアイドルとして差別化出来たんじゃないでしょうか。

そのダンススキルですが、伊山摩穂さんのダンスがカッコ良かった。
リズムの取り方とか、大きく見せるダンスとか、キレもハンパないし。
関係者挨拶でお見送りされる時に、
思わず「カッコ良かったです」と言ってしまいました。

その関係者挨拶でメンバーを待っている間、
見に来た関係者達が、今日の感想を言っているのが耳に入って来ました。
「あのこMCで、心に残るような事言うよね」
「ああ、なっちーでしょ」

「なっちー」というのは、うちの番組にもゲストで来て頂いた南口奈々さん。
大阪出身なのに、おっとりしている感じの南口さんですが、
アイドルにありがちな定型のMCではなく、自分の言葉を持っているので、
非常にラジオ向き。

うちの番組では「松田聖子ヲタク」という事で出ていただいたのですが、
どんな話題でも楽しそうに話す姿が印象的でした。

実は、ラジオにソロで出たのは、うちの番組が初めてだったそうですが、
複数のavexの方から、あの出演後に興奮しながら、
「ラジオが好きになった。もっとラジオのお仕事ください」
と、言われたんですよという事を聞かされました。

自分の言葉を持っているアイドル達を、もっともっと発掘して、
ラジオ好きのアイドルを増やしたいと、改めて思いました。

最後にもう一人、その関係者挨拶で印象に残ったのが、
リーダーの金澤有希さん。

スタッフの方が場を締めてお開きにしようとした時、

「ちょっと待ってください!もう一言だけ言わせてください!
GEMは、まだまだ前に進まなければなりません。
その為に、一人でも多くの人に知って貰えるように、
皆さんのお力を貸してください。」

と、深々と頭を下げたのが印象的でした。

センターが留学で2年間抜ける間、
残された9人のメンバーで日本でスキルアップをして、
再び、センターを迎えよう。
全員の、そういう気持ちの見えた凄いいいライブでした。

素晴らしいライブにご招待頂き、ありがとうございました。

Youtubeで公式のLIVEの動画が見つけられなかったので、
最新のシングルMVを。
LIVEでのダンスは、もっとももっと激しいです。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

℃-ute 中野サンプラザ

DSC00479

ゴールデンウイークは、友人達と℃-uteの中野サンプラザへ。
知らない人の為に書いておくと、℃-uteとは
最近テレビのバラエティー番組でおバカ系タレントとして引っ張りだこの
岡井千聖、岡井ちゃんの所属するグループです。

毎度毎度書いているけれど、女性アイドルのコンサートなのに、
女性のファン率が高いのには驚かされます。

自分達の前の列は、男性ファンが2人いたものの、
その他、全部女性ファン。
それより前の列では、一列全部が女性ファンという所も。
そのうち、男女比率が逆転してしまうんじゃないだろうか?という勢いです。

ロリコン気質なオジサンファンが、若いユニットへと目移りしているスキに
可愛いに憧れる女の子達が大量流入して来たという感じ。

メンバー全員が二十歳を過ぎた事から、
「大人のユニット」という風にモデルチェンジさせようとしているのか、
JAZZだったり、タップダンスだったり、
大人が考える「大人要素」を取り入れてきているのですが、
個人的には、もっと等身大の
「最強可愛い&綺麗なお姉さん達」という
コンセプトでいいような気もするのですが。

現場の女の子達をみていると、ファッション誌のモデル的憧れで
メンバーを見ているような気がしました。

そしてテレビのおバカタレントとしての岡井ちゃんの姿しか知らない人は
ちょっと想像出来ないと思うのですが、
歌とダンス、パフォーマンスのレベルが、
アイドルの頂点じゃないかというぐらい高くて、圧倒されっぱなしでした。

今、真田丸にハマっているので、無理矢理例えますが、
AKBが大軍勢の徳川だとしたら、
℃-uteは、真田なんじゃないかと思うぐらい、
少数精鋭感がハンパじゃないです。

特に、この日は、アイドルの中で歌唱力No.1と言われる鈴木愛理さんの、
コンディションが最高で、歌はもちろんダンスもキレキレ!
もう1曲目で心を持って行かれてしまいました。

パフォーマンスヲタである自分達にとって、
こういうコンディションのいい日に当たると、興奮をかくせません。

後半のロック調の曲になると、
℃-uteの歌唱力二枚看板である、
岡井ちゃんのちょっとハスキーなシャウトが冴える。

最近、アイドルのイベントやフェスで、いろいろなグループを観てきたけど、
口パクだったり、かぶせだったりすると、
ボーカルの音圧が低すぎて、心にズキンと響きにくいのだけど、
℃-uteは、生歌でさらに上手いっていうのがね。
単純に歌で感動しました。

そして、今回は1階の最後列だったので、
通常なら「クソ席」とか呼ばれる場所なんですが、意外に良かったです。

サンプラザな2200のキャパなので、最後列でも肉眼でステージが楽しめます。
さらに、観客のサイリウム込みでの、ステージが楽しめるので、
会場の雰囲気全部を楽しめるという感じ。

平成34年度(2022年度)に今の建物を解体し、
1万人規模のアリーナを建設予定だそうですが、
この2千人規模の箱でのライブは、もうちょっと楽しめそうです。
他のグループのも、サンプラザは行っておこーっと。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ