マフマフ(千川)

マフマフ

小竹向原に続いては、お隣り有楽町線、副都心線の千川駅周辺。
この付近も、お店が少ないエリアです。
住宅街の中程には、江古田周辺から飲食店の方々がママチャリで買い出しにやってくる
築地直送のスーパー「ビッグ築地」があったりするのだけど、
一般ピーブルがよく利用する系のお店は、1業種1店舗あるかないか。
当然、カフェ系も少ないです。

その中で唯一的な存在なのがマフィンの専門店「マフマフ(mufmuf)」。
お店が立ち並ぶ要町通りの少し池袋寄り。
ちかくに行列の出来るつけ麺屋さんがあるので、それが目印です。
その隣りの隣りぐらいにあります。

入り口入ってすぐ右手にキッチンと商品ケースがあり、
そこで選んでテイクアウトするか、
いわゆるうなぎの寝床風に細長く並ぶ席で頂くかのどちらか。

そういえば最近、テイクアウトって言葉使わなくなってきましたね。
元々は和製英語で、外国では「to go」
外国では通じないので、無くなってもいいのですが、
そのせいか、チェーン店では「お持ち帰りですか?」と日本語に変わっています。
でも、調理場にかける声は「○○テイクです」なんだけど。

ちなみに、よく注文カウンターで「こちらでお召し上がりですか?」を略して
「召し上がりますか?」と聞かれるのですが、
「どっちにしろ食べるに決まってるだろ」と、
わかっていながらツッコミたくなる時があります。
一度ぐらい「いえ観賞用です」と言ってみたいものです。

本題に戻って…。
入った時は自分以外にお客さんはいなかったのだけど、
すぐに満席になりました。
こういう時、なんだか福の神になった気分になります。
とはいえ、両サイドにお客さんが並ぶと店内写真は撮れなくなるのが残念。
早めに撮っておけば良かった…。
お店の人に聞いたら、お客さんが入らなければ撮ってもいいですとの事だったので
食べ物の写真だけはKEEP出来ました。

スコーン

スコーン350円で、ニルギリは500円ですが、
食べ物を注文するとドリンクは100円引きになるので、合計750円。

スコーンにはジャムとクロテッドクリームがついてくるので、それをお好みで。
焼きたてなので香ばしく、麦の香りと甘みが口の中で広がります。
素朴だけど素材の味を感じられるシンプルさが嬉しい。
やはりこういう時は砂糖無しの紅茶だね。
ポットでサービスされるので、味わいながらゆったりとくつろげます。

ドーナツのチェーン店はけっこうあるけど、
こういう素朴な味わいのお店は少ないので、江古田や池袋周辺から
チャリカフェする価値があると思いますよ。

■マフマフ (mufmuf)
■東京都豊島区要町3-10-4 岩田ビル1F
■営業:10:30~19:00
■定休日:月火
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ