ハートレイトに使えるランニングウォッチのGARMIN ForeAthlete 35J

GARMIN ForeAthlete 35J

富里スイカロードレースに向けて買ったのが、ランニングウォッチのGARMIN ForeAthlete 35J。

●光学式心拍計により、場所を問わず手首で簡単に心拍数をモニタリング
●内蔵GPSでランニングの距離、速度、場所を追跡
●Garmin Connectへの自動アップロード、ミュージックコントロール
●ステップ数、消費カロリーなどのライフログ機能を搭載

ペース

上段、走った距離
中段、経過時間
下段、1㎞にかかっている時間(ペース)

心拍

心拍計の上限アラートを設定しておけば、超えたときにアラームとバイブで教えてくれます。ランニングの時は、160にセットして、心拍をあげすぎないようにセットしました。サイクルコンピューターのGARMIN 520Jとリンクさせてハートレートとしても使える点も購入のポイント。ブラジャーのような胸センサーをつけなくてもいいのは利点。これ単体で、サイクルGPSの軌跡も出せるのですが、それは520Jにませて、こちらはランニングメインで。

ジムでのトレッドミルも計測出来るというのがウリなんですが、こちらの精度は、今ひとつ。GPSではなく、加速度センサーで計測。徐々に精度が上がるとの事なんですが、今のところ、900mぐらいで、1㎞のペースを刻んでしまうので、走っている間に、どんどんズレが出てきてしまいます。

という、おおざっぱな所をおいておけば、非常に重宝しています。

メイン使いなのは、ランニング中のオートラップ。

1㎞走るごとにバイブレーションで知らせてくれて、距離、ペース、タイムの3つを動じに表示。このペースが大事で、富里スイカロードレースで、10㎞1時間を切る目標だと、1㎞6分を切るペースで走らなければならないからです。

富里スイカロードレースは、残り1㎞の所に急な上り坂があって、タイムが落ちるので、前半戦に、余裕を作っておきたいのです。

iPhoneにガーミンコネクトのアプリを入れておくと、ランニング後は、ブルートゥースを使って自動でアップロード。ペース配分などをチェックして、反省に生かせます。

もちろん、ライフログも取れるし、スマホのメールなどの着信もバイブで教えてくれます。

ランニングビギナーであれば、これで十分。値段などからみても、コストパフォーマンスは抜群です。

スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください