カフェ・ロッタ(松陰神社前)

カフェ・ロッタ

今回はカフェめぐり女子必見のメルヘンカフェです。

カフェめぐり女子、そしてカメラ女子の聖地でもあるお店に行ってきました。
世田谷線の松陰神社前にある「カフェ・ロッタ」。
OZマガジンなどのカフェ特集には必ずと言っていいほど登場するお店。
そしてカフェめぐり女子のブログでも、
必ずと言っていいほど取り上げられているお店です。

ゆえに、お客さんの女子率は尋常じゃなく、
男一人でドアを開けるのは容易ではない、メルヘンカフェの総本山的な感じです。

自転車

お店の手塗りペンキが経年劣化で風合いが出てきた感じや、
自転車も皮のサドルの使い込まれた感じとか、いい味が出ています。
この自転車はお店の人のでしょうね。
でもこれ、いろんなパーツはマジ錆びだけど、
最近のフレームって、いくら放置してもここまでサビで劣化する事はないので
これは珍しいですね。
わざとの風合い、ウェザリングでしょうか?

ガンプラのザクのサンドカラー(砂漠色)って感じだもんなあ。

店内

ちょっと男目線になってしまいましたが、店内はまさに女子の世界。
ケーキの入ったタイル張りショーケースの少しレトロな感じがいいですね。

店内

ペンキで塗られた壁とか、テーブルの使い込まれたウッドの風合い、
手作りアート系大好きな女子の心をくすぐりそうな感じです。

店内

調布多摩川で行われた手作りアートマーケットの
「もみじ市」に行った時も言いましたが、
こんな雰囲気のお店には、ボーダー女子がホントに多い。
実は、この日も一階では男子はボクだけ。
それ以外は、満席だったのですが、どのテーブルもボーダー女子でした。

江古田のアート大好き男子のカワちゃんに聞いたところ、
「ボーダーいいっすね。惹かれますよ」との事。
アート系男子もボーダー好き。
理由は不明だそうですが…。

ちなみに、いらない情報ですがボクはドット柄女子になぜだか惹かれます。
こちらも理由は不明です。
自転車レースのツールドフランスでは、山岳コースでトップを取った人に、
白地に赤の水玉のマイヨ・グランペールというサイクルジャージが贈られるので
サイクルウエアにも水玉をあしらった物が多かったりします。

余談ですが、仕事で京葉線を使っているのですが、
舞浜のディズニーランド帰りの女子は、水玉率高いです。
ミニーのスカートを意識した洋服なんでしょうね。

もしかして、ミズタマ刷り込み現象なんでしょうか?

こんな感じでアート好きのボーダー女子は、
何かに影響されて、ボーダー好きになっているのでしょうか?
マリンルックとは関係なさそうだし、
アートとボーダーの関係、なんでなのか、ちょっと不思議。

カプチーノ

頂いたのはカプチーノ、550円。
これですよ!カメラ女子の心をくするぐメニューというのは。
どうですか?このフォトジェニックな顔。
ブログに載せたくなりますよね。

何枚もじっくり撮りたくなりますが、
前髪のザラメが沈み込み始める前に、ささーっとどうぞ!

ところで、添えられているシナモンスティック。
正直、正式な使い方がわかりません。
一度噛んでみましたが、トムヤンクンに入っているレモングラスなみに
噛めそうだけど、堅くて噛めなかったという失敗を経て、
かき混ぜるときに使ったり、最後に泡をすくってなめてみたりと
自己流でこういう風な使い方に落ち着いていますが、
はたして、これで合っているのでしょうか?

■カフェ・ロッタ (Cafe Lotta)
■東京都世田谷区世田谷4-2-12
■営業:12:00~0:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のブログ

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


カフェ・ロッタ(松陰神社前)” へのコメントが 2 点あります

  1. はじめまして 私は カフェアンジェリーナの店主で わたしの家内がロッタの経営をしています。
    自転車を触れていましたが そのチャリは私が27年前に購入して 今でも現役で 大切に乗っています。
    たまたま、ロッタを手伝っていたトキに出くわしたかと おもわれます。
    今度は 私のお店にも取材かたがた 遊びに来て下さい。
    櫻井 昇

  2. >櫻井様
    お返事が遅くなって申し訳ありません。
    あの自転車はご主人の物だったのですね。
    長く乗られているのが感じられました。
    ぜひ、カフェアンジェリーナも伺ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*