サウナ・サンフラワー(巣鴨)

10月12日、土曜の深夜、台風19号が通過し、江古田には静かな日常が帰って来ました。ただ、多摩川や荒川など、川沿いでの被害が多く、いつも自転車で走っていたあの風景はどうなったんだろう?と、心配でもあります。

さすがに今回は窓に養生テープを貼ったり、段ボールで補強したりもしました。約1ヶ月前の15号の時に千葉のbayfmの放送エリアでは大きな被害があり、知人のDJ&スタッフの家も、窓ガラスが割れたり被害を受けていたりしたので、万が一に備えました。

なのに、ちょうど一週間前の自分は平和ボケでした。1ヶ月前にあんな事があったのに、たった1ヶ月で、何も考えずに巣鴨でサウナに入っていました。いや、何も考えないようにする為にサウナに行っていたのです。

台風15号の後の放送は、被災者とそうでない人の温度差が大きくなり、互いの正義感が正反対で、いろいろ振り回されてました。どちらも、その立場から言えば、間違っていないのです。完全な板挟み。

精神的なストレスを抱えるスタッフも多く、自分はその自己防衛手段として、サウナで無になってスイッチを切り替え、ストレスを溜めないという方法で乗り切って来ました。

この日、訪れたサンフラワーは、マニアの間で水風呂が凄いと言われるサウナです。全国のサウナの聖地として静岡の「しきじ」が水風呂が凄いサウナとして殿堂入りしていますが、こちらのサンフラワーは「中しきじ」と称されるぐらい、水風呂の水質がいいのです。地下水掛け流しらしい。

少し古いビルのサウナで、オヤジサウナの殿堂みたいな所だったのですが、リニューアルして清潔に生まれ変わったそうで、さらに店員さんが、こまめに浴室に入ってきて、カランの椅子や洗面器などを整理していきます。なので、いつも整頓された状態。

そんな中で唯一難なのは、整いチェアが一つしかない事です。ところが、おじいさんに近いオッサン達は休憩をしないのです。整いチェアは、7人ぐらいいたサウナの客で、自分ともう一人の争奪戦。何回か休憩する時に先に座られている時があったのですが、右奥のカランの椅子を90度横にすると、壁にもたれられる事を発見し、埋まっている時はそちらで休憩。

ミストサウナの所にある、髭剃りとか歯ブラシの入った台を、他に寄せれば、あそこに椅子2脚ぐらい置けると思うんだけどな。

と、台風19号を予想できていない自分は、お花菜畑のような頭で、そんな事をこの世の一大事のように考えていた訳です。

でも多くの人がそうだったんじゃないかなあ。たぶん、先週の今頃は、平和ボケしていた人、いっぱいいたはず。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*