プルジャダイニング(巣鴨)

先週の10月5日、土曜日のお話。

番組の会議などでもサウナブームが議題にあがる事が多くなったのですが、そういう時にマウントを取る方法として一番いいのが「あ!行ってる」という発言。多くの制作者が、だいたいTVやネットの知識でネタ集めをしているのですが、実際に体験している人は少ないので、「行ってる」の一言で、主導権を取れるのです。

そういうきっかけで通い始めたのは事実ですが、本当にサウナの良さに気づき、今ではすっかり純粋にハマってしまいました。

で、飲み友にサウナーが多いので、「あしたサウナ行きたいんだけど、どこかオススメない?」と聞くと、みんな口を揃えて「しきじに行ってください」と言います。「しきじ」というのは、サウナーの中では水風呂が凄い事で有名なサウナの聖地。ただ、静岡にあります。

「いや、急に静岡は無理だって」…というと、「じゃあ、中しきじと言われる、巣鴨ののサンフラワーはどうですか?水風呂も評判いいし、巣鴨にはプルジャダイニングという美味しいネパールカレーもあるので、セットでオススメです」と提案が。

わかった。明日は巣鴨にします。と、ミニベロでやってきました。

ネパール料理のプルジャダイニング。元々、大塚寄りにあったのですが、移転して巣鴨の南口方面に。

住宅街の中にポツンとあるような感じなんですが、お店は常に満席をキープ。しかも、OLさんみたいな女性客が多いんですよね。

ラーメン店に入ったら一番オーソドックスな物、蕎麦屋だったら「盛り蕎麦」、カレーだったら「チキンカレー」が、お店の実力をはかれる定番メニューだと思っているので、下調べせずにチキンカレーを注文。

江古田には、印度ネパールカレーが5店舗ぐらいあるのですが、北インド系のどこも似たり寄ったりの味。プルジャダイニングはネパール料理なんですが、真逆で南インドとかスリランカにありそうなカレーなのです。

あまり辛くなくて、でもカレーは平板な味じゃなく、奥深いスパシーさ。

店内に貼られているグルメ雑誌の切り抜きを読んだら「数々のネパール料理を食べて来たけど、正真正銘のネパール料理が堪能出来る、唯一のお店と言ってもいいだろう」という記述がありました。やっぱそうか。

たぶん、多くのインドネパールカレーは、アメリカ人にウケそうと考えられたカリフォルニア巻みたいに、これ出しておけば日本人はインドカレーだと思う的な、なんちゃって本格派なんじゃないかという気がしてきました。

「カレー=辛い=スパイシー」でくくられがちなんですが、スリランカもこのプルジャダイニングも、辛くないのにスパイシー。

サウナーのうんちくを身につけたいと思って巣鴨に来たんですが、本物のネパール料理って何?正しい北インドって何?って疑問も湧き上がりました。北インドって、ホントはナンとかあまり食べないとも言うしね。カレーももう少し勉強しないとダメかな?

■プルジャ ダイニング (Purja Dining)
■東京都豊島区巣鴨1-34-4 メゾン春日 1F
■営業:
11:00~15:00
17:00~23:00(L.O22:30)
■定休日:火曜日
■場所はこのへん
お店のTwitter

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*