イワテバル(渋谷)

渋谷

3月11日、東日本大震災の日から8年が経ちました。あの日、僕は成田空港からのスカイライナーの中で被災し、交通が遮断されて成田のホテルのロビーで一夜を過ごしました。

そのホテルのロビーのTVで目にしたのは、我が、岩手県宮古市が津波にのみ込まれていく映像。うちは海から500mぐらいの所にあったので、ダメかと思ったのですが、不思議な水の流れにより、奇跡的に被害を免れました。でも、連絡はつかないので、実家にいた両親の安否を必死で探したのを覚えています。

この時期になるとそういう事を思い出しますね。

牡蠣

さて、渋谷の道玄坂から百軒店に入った奥に、岩手料理専門のダイニングバー「イワテバル」があります。目印は喫茶ライオンの向かいの、牡蠣料理専門店。

イワテバル

その2階がイワテバルです。

店内

岩手出身者が多く集まり、壁の地図には、お客さんの出身地がシールで貼られています。僕の故郷の宮古市は、右側のちょうど真ん中ぐらい。右側で一番集中しているのが、このお店のご主人の出身地の釜石市で、その上の部分です。

雌株

岩手の名物というと、冷麺とかわんこそばとか、沿岸だと「海宝漬」とか思い浮かべる人が多いと思うのですが、どちらかというと、それらは観光客向けのメニューで、こちらのお店では、普段地元で食べていたものを中心にメニューが構成されています。なので、岩手出身者以外が行くと、ちょっとこれじゃない感もあるかも。

写真はワカメのめかぶ。三陸のご飯の友です。

東京の友達と行ったのですが、お店の方や他のお客さんと盛り上がるのは、やはり岩手の話。

「山田せんべいって知ってる?」「マツモって味噌汁に入っていたよね」

東京の友達はポカンでしたが、岩手出身者にとって、故郷の話は最高のつまみとなったのでした。

■イワテバル。
■東京都渋谷区道玄坂2-20-5 2F
■営業:18:00~23:00
■定休日:日祝
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*