ハウスカフェ 江古田プラス(江古田)

音虫

江古田ゆうゆうロード。かつて中古レコードの音虫のあった建物が解体され、新しい建物が完成に近づいていました。青いコーンが置かれている場所です。そういえば音虫の前には巨大な赤いコーンが置かれていましたね。
それにしても新しい建物、随分セットバックしているなあ。

ゆうゆうロード

その隣りの西京信用金庫も立て替えでセットバックしましたが、こうして見ると、右側の3つの建物が並ぶラインが統一されのがわかります。他の建物と違い、商店街から少し離れて下がっているのがわかりますね。
そうか!これは補助172号を見越しての建て替えなのかもしれません。

補助172号というのは、池袋から光が丘までつなぐ道路計画で、池袋ビックリガードから立教裏を通り、山の手通りまではすでに完成。
山手通りから椎名町を通り、東長崎までは、現在用地買収が進行中で、東長崎のストア前の家が、ガンガンに壊されているのは、この為です。

地図

江古田、桜台は置いといて、逆側、光が丘から練馬春日町までは完成。現在、その先、練馬春日町から石神井川&練馬総合運動場までが用地買収中です。

要するに光が丘側、池袋側と両側から少しずつ道路が作られて来て、それに挟まれているのが江古田北口界隈です。
江古田は能満寺の脇を通って、旭丘小学校と日芸の脇を抜けて、北口駅前、元江古田市場、ゆうゆうロードと抜けて、環七に抜ける予定です。
日芸も新校舎を作っても、線路側の駐輪場とプレハブ校舎にしてあるのは、道路計画の時に立ち退きやすくしている為だと言われていますが、この元音虫の界隈も改めてセットバックしなくていいように、このように商店街からかなり引っ込めたのではないでしょうか?

NHKのブラタモリのように、こうした不思議な建て方を見ると、その裏に何かあるんじゃないかと考えてしまう、都市計画マニアの習性です。

南湯

さて、ゆうゆうロードから少し入った所に、江古田に3つある銭湯の一つ南湯があります。関東では珍しく関西風の作り。関東の銭湯は入った正面の富士山のペンキ絵などがある壁を背にするように湯船がある所が多いのですが、南湯は、男湯女湯の仕切りに沿って湯船があります。これは関西風の作りで、桜台の久松湯もそうですね。久松湯には関西で人気の電気風呂もありますが。

house cafe

その南湯の向かいに出来たのが、ハウスカフェ 江古田プラス。元画廊ラーメンだった場所ですよね。
巣鴨でカフェを営業して来たご夫婦が、建物建て替えの為に立ち退きを迫られ、江古田に引っ越して来たのだそうです。お店は柱を残して古民家を生かしたリノベーションです。

2階

2階にはお座敷席もあり、小さな子供のいるファミリーには嬉しい作り。全面的に禁煙なので、お子さんにも安心です。

前菜

頂いたのは一番人気という「国産牛の手ごねハンバーグ、デミグラスソース」ドリンク付きで1200円。
まずは前菜。オニオンスープとガーリックトーストに茶碗蒸しとサラダ。こういうオシャレ系洋食を出すお店は江古田には少ないので、嬉しい感じです。

ハンバーグ

マッシュポテトの上に載せられた、手ごねハンバーグ。メニューの説明書きによるとスチームコンベクションで火を入れたものだそうです。水蒸気と熱風で調理するというやり方。ハンバーグは焼きすぎないぐらいにちょうどいい感じで火が通っているのは、その為なんでしょうか?学生街で濃い味付けのお店が多い中、濃厚でもしつこくないデミグラスソース。お子様にも安心と書きましたが、アラサー以降の大人にとっても嬉しい上品な味付けのお店。
意外とあるようで無かった上品な洋食のお店の登場。これは嬉しいニュースです。

■ハウスカフェ 江古田プラス (house cafe 江古田 plus+)
■東京都練馬区栄町20-5
■営業:11:00~17:00
■定休日:火祝
■場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*