雨雲レーダー

ウエザー

最近、ゲリラ豪雨が多いですが、意外と雨雲レーダーを知らない人が多くてビックリしました。
自転車乗り、バイク乗りなら普通に使っているので、ほとんどの方が知っているのですが、電車移動とか、車移動の人、女性とか、知らない人多いですね。

僕がメインで使っているのは、ウエザーニューズのiPhoneアプリ。
天気予報がメインなのですが、その中に雨雲レーダーがあります。このように、今、どこに雨が降っているのかがわかりますし、下の時間をスライドさせると、雨雲がどこに移動していくのか、30分とか、1時間でこの雨は、やむのかなどを調べる事ができます。地図もズーム出来るので、雨の間を狙って、スーパーまでママチャリで行けるのかとか調べる時にも使っています。

通知

さらに通知をONにしておけば、GPSで近くに雨が降りそうな時は、画面に雨情報が通知されます。傘が必要な雨の時に、お知らせされる設定です。なので、通知されてから、雨雲レーダーを見て、雲の移動の様子を調べて、ゲリラの場合、傘を買うか買わないかを決めます。

yahoo

Yahoo地図にも同様の機能がついていて、こちらは無料ですが、通知の方は、少し精度がよくありません。でも、雨雲情報をみるだけだったら、これで十分です。

サイクリングなどに出かける場合は、事前に、例えば「飯能」方面に雨雲はないか調べたりしているのですが、遊びに行くとき、行く前などにも結構使えます。

ポケッタブル

あと、いつも鞄に入っているのが、ユニクロのポケッタブルパーカー。
・多少の雨水ならはじく耐久撥水加工をプラス。
・コンパクトなサイズで持ち歩けるポケッタブル仕様。
・30デニールなので薄くて軽いのに、
 強度があって丈夫なリップストップ生地を使用。これで、2990円。

袋

折りたたむと、iPhoneぐらいの大きさになるので、急な雨でも、びしょ濡れになるのを防ぐことが出来ます。

自転車乗りには普通すぎる情報なんですが、ラジオで女性DJやスタッフは、知らない人が多くて、ビックリしたので、こちらでもお知らせしてみました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*