ジラソーレ(江古田)

ジラソーレ

軽い文体のエッセイを読みたいなあと思っている時、ツイッターのトレンドで「五右衛門」というキーワードが目に止まりました。
「初デートでサイゼリヤはありか無しか」論争の延長で、「初デートで洋麺屋・五右衛門はありか無しか」論争というのがあったのです。

まあ、こういうのって「あり」同士で付き合えばいい訳だし、「無し」と思っている人を、それはおかしいと説き伏せる物でもないと思います。価値観の合う物同士で付き合えばいいんだし。

…と言ってしまうと、話は終わってしまうので、個人的な意見としては、この初デートの年齢がいくつかというのでも変わると思います。10代とか、20代の前半戦だったら、ありの率はまだ高いだろうけど、個人的に、20代の後半から30代を過ぎると、相手の女性が普通にランチで食べてる可能性が高くなっているお店を、2回目につなげる事が出来るかという初デートの場で使うというのは、「無し」かなあと思います。

五右衛門のパスタって、ランチでも1000円以上して、普通のイタリアンのランチとたいして変わりません。スープやドリンクをセットにすると、1500円前後するし、少し調べれば、そのお値段で食べられるイタリアンは普通に出てくるので、だったら同じお値段で、二人で初の体験をした方がいいんじゃないだろうか。

…と、まとめサイトを読みながら思っていたら、この論争に引用されていたエッセイがありました。

臨死!江古田ちゃんの作者でもある漫画家の、瀧波ゆかりさんのエッセイ「30と40のあいだ」すぐにKindleで購入し、ダウンロード。

この中の「初デートのお店問題」というエッセイで、

アラフォーの知人が男性から、「美味しいイタリアンがあるので食べに行きましょう」と誘われたので、オシャレして行ったら、五右衛門だった。

瀧波さんは、五右衛門は美味しいけど、「おいしいイタリアン」なのか?アラフォーにとってと、疑問を投げかけています。10代ならまだしも、いろんなイタリアンを食べて来たアラフォーを、初デートに誘う場所なのか?少し気合いの入る初デートで、五右衛門なら、2回目、3回目は、どうなるんだ?と。この違う価値観をすりあわせて行くのは大変なので、誘われた知人は、2回目のデートは無しにした…というものでした。

最初に書きましたが、これはどちらがいいじゃなく、「あり」同士で付き合い、「無し」ならば、さよならでいいと思います。そんな事より、このエッセイが僕が探していたライトな文体で、クスっとしながら読める作品と出会えた事の方が大きかったです。探していたのは、こういうのでした!

そう考えると、昔から女性の漫画家さんが書くエッセイと、相性がいい事を思い出しました。漫画家さんは、絵で説明する事が多いからか、必要以上に回りくどい表現をしません。それが会話の速度に近くて、ちょうどいい感じなのです。

パスタ

そんなイタリアンにまつわるエッセイを読んでいたら、美味しいパスタが食べたくなって、江古田のジラソーレへ。ランチは、プッタネスカ スパゲッティー二で、ドリンクセットで700円。前菜とスープのつくBセットにしても、1050円。ディナーでも、パスタは1100円からと、リーズナブルです。

こういう私鉄沿線じゃなくても、安くて美味しいイタリアンとか、フレンチだったらビストロとか、スペインだったらバルとか、探せばいくらでもあるので、ぜひ、美味しいお店見つけてください。

■ジラソーレ (girasole)
■東京都練馬区旭丘1-73-9 三共ビル2F
■営業:
11:30~17:00(月〜木)
11:30~14:00(金〜土)
18:00~21:00(金〜日)
■定休日:毎週水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ジラソーレ(江古田)” へのコメントが 2 点あります

  1. >KAKO さん
    僕もあれから何度かジラソーレ行っています。

  2. ジラソーレこの間久しぶりに伺いました。
    前菜をつまみにランチワインをぐびっと。
    至福の一時でした(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*