大山園(大山)

大山

大山のハッピーロードへ。
都内でも商店街が地盤地下して、シャッター街になる中、
今も活気のある商店街です。
空き店舗を利用した商店街の活性化活動が上手で、
独自の活動を色々行っています。

アンテナ

「とれたて村」は、農村や漁村と提携し、
地方の産品を扱うミニアンテナショップです。
「顔の見える品」をコンセプトに、
現地で生産者と直接面談し奥く商品選定。
生産者の声も届く他、逆にPOSデータを生産者に送り、
売れ筋や商品開発にも役立ててもらっています。
漬物だったり、、高齢者に人気の商品も多く、
お客さんの年齢層は少し高めでした。

ハッピー

2店舗目のハッピースクエアは、
期間限定で、市町村の物産販売が行われるスペース。
年の150日ぐらいが、物産展で、
商店街のイベントなども、ここで行われます。

スイカ

この日は、スイカ生産日本一の山形県尾花沢市の「尾花沢すいか祭り」
試食用のスイカも振る舞われていて、
小さい子供達が駆け寄って来ていました。

他の商店街でやろうとしたら、
八百屋さんから、うちのスイカが売れなくなるとクレームが入ったり、
実現が難しいと思うのですが、その辺の調整が素晴らしいです。

大山園

この大山ハッピーロードには、お茶のお店が3軒あります。
コーヒーと違ってお茶だけで生計を立てるのって難しそうですが、
商店街の先に日大板橋病院とかあったりるので、
そういう需要があるのでしょうか?
その中の一つ、大山園は、時流を読んでイートインスペースをつくり、
抹茶ソフトや、抹茶ラテなど、
若い女子にも人気のメニューを用意しています。

宇治金時

僕のお目当てはこちら!
宇治金時650円に、練乳80円をプラス。
こちらの氷は、新茶の茶葉と、抹茶を入れて凍らせた、
千利氷(せんりひょう)を使っています。

この状態では、まだ抹茶の蜜はかかっておらず、
ただ氷を削り出した状態。
緑は削り出された氷に入っていた茶葉なので、
まさに食べるお茶と言った感じ。
お茶屋さんの宇治金時も、まさに味わい深いです。

■大山園
■東京都板橋区大山町6-8
■営業:
10:00~20:00(L.O.19:30) (月、水〜日)
11:00~19:00(火曜日)
■第3火曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*