タカセ池袋本店(池袋)

タカセ

完全に迷走中の旨いピラフ探しの旅。
ピラフという定義がはっきりしていないというか、
誰もはっきりさせて来なかったので、
チャーハンとの差別化がされず、
和洋折衷というより、混合のメニューになってしまっています。
…という結論で、もういいだろ!と思っていた時、
池袋で、突然のピラフ問題が勃発。

サンプル

サンシャイン通りに向かおうとした時、
駅前のタカセのショーウインドウで、
ピラフのサンプルを発見してしまったのです。
左にあるのが、カニピラフ。
以前に2階のコーヒーラウンジでホットケーキを食べた時は、
満足した記憶があるので、入ってみる事に。

窓

今回は、ピラフなどの洋食メニューのある3階のレストランです。
ちょうど、看板があるのが、3階部分です。

メニュー

メニューを開いてみると、カニピラフの所に「オススメ」のマークが!
お!これはもしかしたら、期待出来るのでは?
なんだか、自信ありげだし。

ピラフ

でも、先にサラダが運ばれて来た時に、期待を裏切られました。
例の業務用ドレッシングの、シェフのやっつけサラダだったのです。
そして、出てきたのは、何だろなこのビジュアル?的なピラフ。
この写真じゃわかりにくいですが、
時計でいう4時から5時の間にあるのが、カニ肉の塊です。
ほどいてみたら、タラバの足3本分あります。
実は良心的なメニューなのですよ。
だったら、メルセデスベンツのマークのように、
足を3本、どーんと広げて主張した方がいいと思うのに、
ライスの中に、隠すように潜り込ませてあります。
一緒に炒めたので、そうなってしまったのかもですが、
見た目も味のウチだから、もう少し頑張れば良かったのに。

…と思ったのですが、あとで調べて少しわかりました。
ここのシェフは、たぶん、画伯系のシェフなんですよ。
あ、「画伯系シェフ」とは、僕が勝手に作った言葉で、
盛り付けのセンスが独特な人の事です。
カニピラフではなく、フレンチピラフを注文した方が、
まだネタになりそうなぐらい、強烈なビジュアルです。
「どこがフレンチやねん!」ってツッコミを入れたくなる代物。
ケチャップライスの上に、ソーセージで鼻を作り、
その両脇に、ハンバーグとカツで、目を作り、
ハムで口を作った、仮面ライダー的なビジュアルなのですが、
半分に切られたハムが安っぽさを強調しています。
「タカセ+フレンチピラフ」で検索してみてください。
笑う準備は、いいですか?
(リンクを押すとgoogleで「タカセ+フレンチピラフ」の画像検索が開きます

ますます迷走、ピラフとは何だの旅。

■タカセ池袋本店・レストラン
■東京都豊島区東池袋1-1-4 9階
■営業:11:00~22:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


タカセ池袋本店(池袋)” へのコメントが 2 点あります

  1. >よむさん
    紋別の「まりーさんの木」検索してみました。
    美味しそうですね。
    カーリングの常呂も近いので、ぜひ行ってみたいです。
    平昌でカーリングにハマって、行ってみたいと思っていました。
    行けたらいいなあ。

  2. なかなか気楽に行けないロケーションですが
    紋別の「まりーさんの木」という喫茶店のカニチャーハンを是非おススメしたいです。
    この際、ピラフやチャーハンの正当な調理法は忘れて。
    1.5人前は楽にある量にどんだけぇ!?と思う程のカニ。
    大きめのカニ缶1つまるまる入ってる感じで1000円しないのも田舎ならではなのか、、、大満足な一品です。
    初夏には雄武から網走まで一泊2日で自転車で走るイベントもあるのでご検討頂ければww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*