ジラソーレ(江古田)

平野沙希子

この本を読んでから、自分の食べ歩きが迷走しています。
人気の若手フードライター、平野沙希子さんが書いた、
「生まれた時からアルデンテ」。
平成生まれの彼女は、昭和というノスタルジックに浸って進歩のない、
アルデンテじゃないパスタ、つまりナポリタンは邪道と切り捨てます。
アルデンテなナポリタンを作ればいいじゃないか!と。

それから、アルデンテなナポリタン探しという、
謎の旅に出る事になります。
…と言っても、江古田の中でですけど、うろうろしています。

ジラソーレ

まず、江古田でアルデンテと聞いて思い浮かべるのは、
イタリアンのジラソーレです。
小さいお店ながらも、美味しい料理を出す事で愛される、名店です。

店内

パチンコ屋さんとの間の細い路地から見えるのが、江古田駅で、
駅からこんなに近いのに、意外と江古田の住民達も知らない、
隠れ家的なお店となっています。
個人的に、江古田のNO.1パスタランチと言ったら、ここだなあ。

プッタネスカ

頂いたのは、プッタネスカ スパゲッティー二
アンチョビ、オリーブ、ケッパーのトマトソース。
アルデンテで、トマトソースというところで選び、
ナポリタンからは遠いのですが、
トマトソースなパスタの理想型を知るべく、頂いた訳です。

確かに、固めの弾力で、ソースが滑らかで、
理想のトマトソースパスタがここにあります。
となると、プッタネスカを食べれば良くて、
ナポリタンである必要は無くなるのですが、
それでは面白くなくて、
平野沙希子さんが指摘しているように、
なぜ、この食感のナポリタンを作ろうと考えない?
…と、思考停止している所を、何とか突破したい訳です。

トマトソースでの風味と滑らかさを殺さずに、
これをケチャップでやるには、どうしたらいいのか?
それを解決する料理の腕がないので、
食べ歩きで、解決しようとしています。

とりあえず、喫茶店のナポリタンのような、
下茹でして置いてあるものを炒めるというのは無しだな。
注文されてから茹で、アルデンテな麺は、必須。
あとは、ケチャップをどうするかだね。

■ジラソーレ (girasole)
■東京都練馬区旭丘1-73-9 三共ビル2F
■営業:
11:30~17:00(月〜木)
11:30~14:00(金〜土)
18:00~21:00(金〜日)
■定休日:毎週水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ジラソーレ(江古田)” へのコメントが 2 点あります

  1. >KAKOさん
    ジラソーレはランチ時
    満席で入れない事もあるほど人気ですね。
    「生まれた時からアルデンテ」ですが、
    本屋さんでは、欠品している所がほとんどです。
    僕も中古で買いましたから。

    平野沙希子さん関連だったら、
    今発売中の雑誌「POPEYE」の
    「はじめまして東京」という号に、
    平野沙希子監修の
    「2018年の東京 味な店」という小冊子が、
    付録でついてきます。
    そちらの方が手軽だと思います。

  2. はじめてコメントします。
    ジラソーレ、美味しいですよね。
    私もランチタイムに出没しています。

    さて、「生まれた時からアルデンテ」
    私も読んでみようかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*