ぐすたふ珈琲(江古田)

看板

雑誌「Hanako」の「喫茶店に恋して」という特集で、
江古田の喫茶店が取り上げられていました。
中盤に学生街の喫茶店という事で、
「モカ」と「林檎」「ヴィエイユ」
小竹向原の「音楽喫茶acacia]
新江古田の「江古田珈琲焙煎所」が取り上げられていたのですが、
前半の「ネオ喫茶の新世代マスター」という特集で、
「ぐすたふ珈琲」が大きく取り上げられていました。

南口の江古田コンパから練馬総合病院方面に向かい、
いつもチョークで道路に標語みたいなのを書いている、
ゴミ屋敷ような謎の家を通過したあたりにあります。
路地に入る角の所に、ベルベットの椅子に置かれた看板があり、
この路地を入ります。

かつては、といってもかなり昔ですが、
このちょい先に青果市場のようお店があり、
その向かいに肉屋が二軒、隣にパン屋、定食屋と、
ちょっと賑わっていた一角なんですが、
青果店の撤退と共に、いっきにそれぞれのお店が閉店し、
すっかり寂しい一角となってしまいました。
和定食の「平和」は、よく通ったなあ。

ぐふたす珈琲

外観からは想像できないのですが、
Hanakoの記事によると、以前はスナックだった物件のようです。

店内

店内はカウンターがメインで、
自分が座っている店の奥にソファー席が。
昭和感漂うベロアの椅子や、ファーの壁材ですが、
逆に今、モダンな感じがするから不思議ですね。
スナックとは違う重厚感があります。
リノベーション系だから、新店なのに懐かしい感じが漂います。

トースト

トーストを注文すると、
「千川通りのヴィエイユの物を使っています。
 今出ていったのがご主人なんですよ」
と、教えてくれました。
トーストは、400円。
ミルクとマンデリンの2層からなるカフェオレグラッセ650円。

最近、読書といえばエッセイばかりだったのですが、
映画「祈りの幕が下りる時」を観てから、
東野圭吾の加賀恭一郎シリーズで、
映像化されていないものを制覇しようと読み始めました。
電車で読んでいて、もうちょっと読みたいなという時に、
お店に入って続きを読んだりするのですが、
このお店、読書によさそうだなあ。
適度な静けさがあって。

■ぐすたふ珈琲
■練馬区旭丘1丁目56-13
■営業:10:00〜18:00
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


ぐすたふ珈琲(江古田)” へのコメントが 2 点あります

  1. >もちさん
    ありがとうございます。
    なんで間違って覚えたのかわかりませんが、
    修正しました。

  2. 長年江古田の近くに住んでいるので
    とても楽しく読ませていただいています。
    ところで、店名ですが「ぐすたふ」ではないでしょうか?
    余計なお世話かと思いながら、つい気になってしまい
    コメントいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*