富里スイカロードレース 2017

DJ

日曜日、富里スイカロードレース、10㎞に出場してきました。
bayfmのDJ9人と共に参加。
僕が参加したのは40才以上のシニアの部。

目標は、10㎞を1時間切る事だったのですが…。

ガーミン

残念ながら40秒オーバー。

だいたい60分目標のグループの所からスタートしたのですが、
約3キロまで渋滞で、自分のペースで走れず。
5㎞を過ぎたあたりから、いつものペースに戻ったのですが、
時、すでに遅しという感じでした。

目標の体重の方は、74㎏まで落としたのですが、
大会前にカーボローディングした所、75㎏へ。
現在は、75㎏前後をウロチョロしています。
こちらも70㎏切りはならず。
でも、ベルトの穴は、2個小さくなり、お腹周りはすっきり。

今回は、低糖質ダイエットをしながらのチャレンジでしたが、
いろいろ感じた事がありました。

運動しながらは、少し糖質が必要

最初の頃、糖質制限したらガンガン落ちるので、
調子に乗ってやっていたら、エネルギー切れになってしまい、
駅の階段などで息切れする事も。
また帰りの電車の中で眠くなって、寝落ちする事も。
走らなければ、もっと簡単だったのでしょうが、
走る事と、糖質制限のバランスが難しかったです。

心拍数は大事

一時期、急に走れなくなった時期があり、
最初は理由がわからなかったのですが、
ガーミンのランニングウォッチのおかげで、理由がわかりました。

ダイエットで体が軽くなった為に、
知らず知らずのうちに、スタートからのペースがあがり、
そのため、心拍数が限界を超え、走れなくなっていたのです。

心拍アラートを160にセットし、越えるとアラームが鳴るので、
少しペースを落とすと、途中でガクっと来る事なく走りきれます。

1㎞ごとのラップもGPSで検知し自動表示されるので便利。
GPSも心拍もはかれる物の中ではお値段も安値で、お勧めです。
初心者だったら、これで十分でしょう。

さて、タイムも体重も目標に届かなかったのですが、
いい事が一つありました。

肝臓

4月に血液検査した時に、
飲み過ぎで、肝臓の数値がひどいことになっていました。
γ-GTPは、231を越え、
尿酸値も9.9と痛風がいつおきてもおかしくないレベル。

医者には節酒と運動をしてくださいといわれ
薬は出されなかったので、知人に勧められた漢方薬を買いました。

肝臓の働きを正常に近づけるという触れ込みの物。

肝臓

薬か効いたのか、運動したのが良かったのかわかりませんが、
肝臓の値が、全て正常値に。
こんなに劇的に変わるとは。
病院の先生も驚いていました。

やっぱ運動は大事ですね。
ライニングは、続けようと思います。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


富里スイカロードレース 2017” へのコメントが 2 点あります

  1. >potereさん
    低糖質ダイエットって禁煙に似てるなって思いました。
    慣れるまではつらいんですよ。
    でも、慣れると、そもそもこんなに炭水化物必要か?とか、
    そんなに無くても十分って感じになって行きます。
    でも運動をする上では、必要分は必要。
    無理して完全カットはダメージが来ます。
    …てな事を体感していくのも楽しいですね。
    このへんはヒルクライムで、辛い登りをどうやって耐えて、
    少しずつ登れるようになるのかという楽しみに似ているかも。

  2. ganさん、こんにちは。ランイベントへの参戦を機に低糖質ダイエットに取り組んだ結果、楽しい思い出に「健康」がオマケで付いてきたみたいですね ^^
    低糖質ダイエット=体重減という直接的な事だけでなく、身体が軽くなったとか、ウエスト周りが締まってきたとか、血液の悪数値が改善されたりとか、見た目(外見)ではなくて「自分で感じ得る効能」がたくさんあるんだなーと思いながら読ませていただいておりました。ちなみにわたくしも「先ずは野菜を食べてから」「お菓子はほどほど」を心掛けていますが、暴走してしまうことも…多々あり、です^^;; 食事の大切さ、運動を心掛ける大切さ、を改めて感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*