伴茶夢(目白)

伴茶夢

純喫茶好きの世界を掘れば、なかなかマニアックな人達がいて、かつてこのブログでも取り上げたのが、元珈琲館マニアです。

珈琲館は、元々KEYコーヒーの豆を使ったフランチャイズだったのですが、途中でUCCに買収されました。そのため、各フランチャイズは「珈琲館」の名前を取り上げられ、名前を変えて営業を続けています。それを総称して「元珈琲館」と呼んでいます。

江古田の珈琲館は、名前を取り上げられなかったレアケース。

元珈琲館のお店の方は、元々ホットケーキに力を入れていたお店が多く、その為にホットケーキマニアが、美味しいホットケーキを探す為に、元珈琲館だったお店を掘り起こす…というのが、一つのマニアックな世界です。

それに似たのが、今回のトーアコーヒー系列のお店探しです。

というのも、代々木の珈琲専門店TOMの時に取り上げましたが、TOMの焼きサンドイッチの表面に「pair sand」という焼き印があり、これって何だろう?と調べてみると、トーアコーヒーの豆を使っている系列店に、このホットサンドが多いというブログを見つけたのです。

その中で、目白の伴茶夢にも、この焼き印のホットサンドがあるとの記述を見つけたので、それを確かめる為にやってきたのです。

ところが、ホットサンドイッチを頼んだけど、焼き印が無ーーーい!

これはあくまでも推測なのですが、トーアから豆を仕入れる契約をした時に、お祝いとか、支援みたいな感じでホットサンドメーカーが贈られたのではないかと思うのです。

こういうパターンで他にもあって、北海道のジンギスカン鍋が広まったのは、ジンギスカンの焼肉タレの販売を決めた肉屋に、ジンギスカン鍋を贈ったというのが、鍋普及の始まりなんだそうです。これはチコちゃんでもやっていました。

ホットサンドの焼き印、おかしいなあと調べて見ると、確かに2017年ぐらいまでは伴茶夢のホットサンドにも焼き印があるのですよ。食べログの投稿写真などでも。という事は、2017年以降に、ホットサンドメーカーに不具合が出て新しいのにしたか、注文が重なってもいいように、焼き印入りの旧タイプと、無しのニュータープが平行して使われていて、今回、ニュータイプに当たったとか。

今回は、焼き印を確認出来ませんでしたが、もう少しトーアコーヒーの系列店、探ってみましょうか?

大人の自由研究は続きます。

■伴茶夢
■東京都豊島区目白3-14-3 B1F
■営業:8:00~8:00~22:30
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ