そんなバナナ(八丁堀)

マツコの知らない世界で、タピオカの次はコレと紹介されていたのが、バナナジュース。

TVに案内人として出ていたのはsonna bananaの女性社長でしたが、現在、東京には八丁堀と広尾の2店舗があります。大行列という程ではないですが、お店の前には順番待ちと、外飲みの人が。店内はカウンターに4席のみ。この日は、地元の若者であろうオラオラ系の男女が占拠していました。

頂いたのは、オーソドックスなレギュラー450円。

店名はオヤジギャグ的ですが、作りは丁寧。バナナは気候や季節によって味が変動するので、熟成の度合いを変えています。凍らせたバナナを二度三度に分けながらミキサーを回し、牛乳とブレンドしていきます。

注文のたび、丁寧に作っていくので、新橋のジューススタンドに比べて、ちょっとお時間がかかります。

保存料はもちろん、砂糖も加えていないので、賞味期限は20分!

砂糖が入っておらずバナナとミルクの甘味のみなので、ほのかな甘味。ストローが細いので、作りたてのマックシェイクぐらいの吸引力が求められます。

ロードバイクやジョギングやっている人だと、バナナ2本分のエネルギーの「朝バナナ ゼリー」とかでエナジー補給したりすると思うのですが、それの超フレッシュ版!飲んでいると、脳が「健康」という指令を出します。

タピオカよりも健康的かなという気がしました。

■そんなバナナ (sonna banana)
■東京都中央区八丁堀2-15-5 1F
■営業:
8:00〜9:15(朝バナナタイム)(月〜金)
11:30〜19:00(昼バナナタイム)(月〜金)
11:00~19:00(土日祝バナナタイム)
■定休日:無し
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ