実写版『アラジン』

6月7日、金曜日に公開された実写版のアラジン、もう3回映画をみました。

もちろん半分はお仕事というのもあります。ランプの魔神ジーニーの声を担当している山寺宏一さんのラジオ番組を担当していて、水曜日にディズニー特集をするので、下準備というか、お勉強というのもあります。

山寺さんが声を担当している吹き替え版をみて終わりでも良かったのですが、せっかく本人にお話が聞けるのだから、色々疑問をぶつけたいし、アラジンを語れる事が自分の財産になると思ったので、公開日の朝イチで、4dx3Dの吹き替え版。仕事終わりのレイトショーで、IMAXの字幕版を観て来ました。

その後、Twitterで感想を検索してみると、アニメ版と比べている人が非常に多いのです。特に吹き替え版。

アラジンのアニメは1992年で、27年前の作品。それが幼少期の原体験となっている人が多く、想い出補正されているので、それと比べたら厳しい評価になってしまうのは、仕方がないと思います。

ちなみに山寺さんが歌うジーニーの「フレンドライクミー」は、そういう想い出補正の人達の間で一発録りだったという都市伝説が語られていますが、本人が自分の番組で否定していますし、今回のパンフレットにも、その否定が書かれています。何度も何度も話し合い録り直した歌である事が。

そういうアニメファンの思い出補正によって作られたジーニー像を、どうやって新たに作り上げるのか、新たに作らないと意味がないと、そこにかけていました。

中にはアニメのジーニーの声のままでやってくれればいいと言う人もいますが、吹き替えというものを理解していません。アニメ版は、ロビン・ウィリアムズの吹き替えで、本人が高い声でアドリブ満載で声を当てたので、ああいうジーニー像が出来ましたが、今回はウィル・スミスの吹き替えです。声だけロビン・ウィリアムズにするのは、吹き替えではありません。

ウィル・スミスは低音で、しかもラッパー。歌のシーンも音符通りじゃないし、それをどう再現して、唇を合わせるリップシンクさせ、さらに新しいジーニー像を造るのか、一番、苦労したそうです。

でも、昔からのファンの為にサービスで、フレンドライクミーにロビン・ウィリアムズっぽい声も2カ所ほど入れたそうです。ウィル・スミスは、そこまでやってないけど、そこロビン・ウィリアムズ欲しいかなと思って…と言っていました。

山寺宏一版の「アリ王子のお通り」。

ジーニーのマシンガントーク!

それぞれのアラジン像がある作品だから、その思い出を否定しませんし、自分のアラジンを大切にすれば良いと思います。

3回目の実写版アラジンは、子供達の多い日曜の昼に観に行きました。満席で、隣は小学4〜5年かなあという女の子でした。途中、ジーニーのコミカルなシーンに子供らしくケラケラ笑っていたのですが、エンディング、感動して鼻水をすすりながら涙していました。

大人達が大切にしている子供の頃に観たアラジン。それみたいに新しい実写版のアラジンが、このお子さんの中で20年、30年と大切にされていくんだろうなあと思ったら、別の意味で感動してしまいました。

新しいアラジンは、これでいいと思う。

声優といえば「アニメ声優」と思っている人が多いですが、今回は吹き替え声優、山寺宏一の圧倒的な吹き替え技術を堪能出来る作品です。

最後に自分の言いたいことを全部おっしゃってくれているのが、北村一輝さんのインタビューかな?ぜひ、こちらもご覧ください!

Pocket
LINEで送る