EAT. RACE. WIN.

サイクルロードレース好きに観て欲しいのが、
Amazonプライムの、オリジナルドキュメンタリー、
「EAT. RACE. WIN.」
邦題「食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事。」

2017年ツール・ド・フランスで、
オリカ・スコットに帯同した女性シェフのお話。
シェフに密着して、選手が勝つためにどんな物を、
どんなタイミングで食べているのか?というのもわかるのですが、
彼女に密着する事で、レースの色んな事が見えてくるドキュメンタリー。
これを観ておくと、レースの裏側が想像出来て、より楽しめると思います。

●オリカ・スコットのエース争い
●リタイアさせるかどうかの判断
●レースの作戦と、アシストそれぞれの役割
●選手のコンディションと対策としての食事
●食材へのこだわりと料理法

まず、面白いのはチームカーでの無線の指示を全て見せている事。
下見部隊が、本体に道幅や路面の状況や風など、
とっても細かく報告していて、
それを元にチームカーが、「その先急に狭くなるぞ」など、
細かく指示を出しています。
時にはライン取りまで。

また、レース前の指示も。
逃げに乗るもの、分断を阻止するもの、補給を徹底するもの
そして、エースの風よけ要員。
風よけで30%ぐらい体力温存出来るのだとか。
エースには、他のチームの主力と一緒に動くよう指示。
このように指示を出しても、その通りに動けないメンバーもいて、
後で、監督から追求されたり。

そしてメインの、女性シェフ、ハンナ・グラント。
彼女の口癖は、「最高の燃料を用意する」
「人は食べたもので作られる」。

レースをしながら、食材は現地で生産車を尋ねて調達。
肉ではあれば、抗生物質の使用の有無を確認したり、
野菜であれば、農薬の使用の確認。
ドーピングに引っかからないようにというチェックもしつつ
おいしさとしての最高の食材を揃える為に、
生産者と話し、市場でもこだわりを聞き、選んで行きます。
旅するレストランのようで、グルメ視点で見ても面白いです。

そして、選手の疲労回復と、モチベーションをあげる為、
休養日前には、豪華な肉料理を用意します。
レース中は、胃にもたれないような物を用意するのですが、
翌日が休みなら、ガッツり肉を食べてもいいだろうと。

昔は、シェフが毎日同じ料理を作っていたそうですが、
選手のモチベーションをあげるのに、
旨い料理が不可欠であり、食がいかに大事かを見せていきます。

僕みたいに自転車で旨いモノを食べに行くという趣味の人にもピッタリ!
アマゾンプライム会員なら無料で観られるので、ぜひ観てください。
前編を続けてみると、3時間弱なのですが、
30分ずつ、6話のエピソードに分かれているので、
1日1本ずつ見て行ってら、ちょうどブエルタ開幕です!

食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事~ (字幕版)

Pocket
LINEで送る