そうめん居酒屋 壱兆庵(東中野)

行列

今回は、カフェではなく「そうめん居酒屋」のお話。
好きでよく見ているテレビ番組に「セブンルール」があります。
ミニ情熱大陸みたいな番組で、
その業界で頑張る女性にスポットを当てて、
その人の七つのこだわりを探るという物。

宝石のようなパフェでおなじみの、
「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」の
岩柳麻子さんがピックアップされたり、
Hanakoなどに連載を持つ人気のフードライター
平野紗季子さんが取り上げられたり、
食べ歩きという視点でチェックしていたお店の
女性店主が取り上げられる事が多いので、親近感を抱いてしまいます。

先週の放送で取り上げられていたのが、
東中野にあるそうめん居酒屋、壱兆庵の女性店主の方。
実は、こちらの「そうめん」がよくインスタで流れて来ていたのですが、
TVで特集されているのをみて、「これか!」」とやってきてしまいました。
まず、東中野の南口に「阿波や壱兆」というお店を出したのですが、
こちらは24時間、そうめんが食べられるお店として、人気に。
セブンルールに出た直後だったので、行列が出来ていました。

TVの影響を考えて、かなり多めにそうめんを仕入れたのですが、
15時に届く午後便が届く手前で、売り切れに。
この行列の人達、丸々入る事が出来ませんでした。

壱兆庵

そこで、並んでいた人を北口の2号店で対応するとの事だったので、
みんなでゾロゾロと北口へ。
新宿寄りのビルの地下に、そうめん居酒屋の「壱兆庵」がありました。
TVでピックアップされていたのは、こちらのお店の方がメインで、
お父さんが棚を作ったり、味付けはお母さんの出汁を参考にしたり、
家族のエッセンスが詰まったお店となっています。

すだちそうめん

僕のインスタによく流れてきていたのが、
こちらのすだちそうめん。700円。
このビジュアル、見たことある人多いんじゃないですか?

使われているのは、徳島県の半田そうめん。
一般的なそうめんの1.5倍ぐらいの太さで、コシがあります。
東北出身の僕からすると、そうめんというよりも、
稲庭うどんに近いイメージです。

なるほど、旨いね。
この猛暑にぴったりの一品です。
これ、人気が出るのわかるわー。
インスタ映えもするしね。
ミーハーに来てみましたが、
だからこそわかる旬の味です。

■そうめん居酒屋 壱兆庵
■東京都中野区東中野5-3-1 ムサシビル B1F
■営業:
12:00〜14:30
18:00~0:30(LO:23:30)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る