祈りの幕が下りる時


久々に映画で号泣しました。普段はギリギリの所でこらえるのだけど、今回は無理でした。ストーリーは言わずもがな、役者さん達の演技力が凄すぎました。

特に、松嶋菜々子さんの若い時代を演じた、桜田ひよりさん。まだ中学生なんだけど、演技が凄すぎる!

かつて、「桐島、部活やめるってよ」で松岡茉優さんが出てきて、さらに、高畑充希さん、二階堂ふみさんと、若手の素晴らしい演技派女優が次々に出てきました。ドラマ「問題のあるレストラン」では、その3人同時に出演させたり。

その後、『湯を沸かすほどの熱い愛』で、杉咲花さんが出てきて、各映画賞で、新人賞と助演女優賞を総なめ。凄い女優達が出てくるなあと思っていたら、今回は、満を持して、桜田ひよりさんの登場ですよ!まだこんな女優さんが出てくるのか…と、驚きました。

もちろん、お相手の小日向文世さんが、上手く引き出しているのですが、それにしても、上手すぎる。確実に、これからドラマから引く手あまたとなる、若き女優さんです。その他、阿部寛さん、松嶋菜々子さん、話の核となる人達の演技が凄すぎて。派手なアクションがある訳じゃないけど、スクリーンからの圧で、終始圧倒され続けました。

街の小さな事件を追いながら、本質に近づくドラマ「新参者」が大好きだったのですが、完結編の今回は、これまでよりもスケールが大きいです。元々「東野版『砂の器』」などとも言われて来た原作ですが、映像を見ていたら、中居正広さんでリメイクされた、2004年の「砂の器」を思わせるシーンがありました。

後で調べてわかったのですが、監督は、その中居版「砂の器」を担当した、福澤克雄監督。さらに、半沢直樹」や「陸王」を監督したディレクターでもあります。なので、後半の畳みかけが、凄い!

新参者シリーズを見ていない人でも、もちろん楽しめます。この映画、マジでオススメです!出演者の演技力に圧倒されてください。お金払ってみても、損はしないと思います。DVD化されるのを待つのじゃ遅いです。新たなるスター「桜田ひより」さんの誕生に立ち会うべきです。

Pocket
LINEで送る