すき家の低糖質メニュー

仕事の時間帯から、ほぼ昼と夜は外食にならざるを得ないので
外食でのロカボメニューを色々調べました。
まずは、すき家。

吉野家や松屋が、自分で工夫してロカボしなければならないのに対し、
こちらは、はじめからロカボメニューが導入されています。

まずは、牛丼ライト。

●普通の牛丼、炭水化物 108.4g、カロリー 656kcal
●牛丼ライト、炭水化物 16.2g 、カロリー 269kcal

と、炭水化物を大幅に抑える事が出来ます。
炭水化物は、糖質と食物繊維で、
牛丼の場合はご飯の糖質がほとんどでしょう。

それに対し、牛丼ライトは、ご飯の代わりに豆腐が入っています。
その分、糖質が抑える事が出来るのです。

ただ…、冷や奴の上にサラダを乗せて、
その上に牛肉が乗っているので、バランス的にはいいのですが、
脳みそが牛丼なので、食べたときに「冷たっ!」となって、
残念な気分になりました。
コレ、豆腐を温めたら、もっと美味しくなりそうだけど、
ファストフードで、そんな手間はかけられないんでしょうね。

家で作るときに、豆腐を温めて、
サラダ&肉で作ってみてもいいかもしれないと、思いました。

こちらは、ロカボ牛ビビン麺。
牛ビビンバ丼のご飯を、こんにゃく麺にしたもので、
こちらは、温かくも冷たくも出来ます。

●うどん、一玉の糖質、55g
●ロカボ牛ビビン麺、糖質22g

半分以下に抑えられています。

個人的に、温かくして食べるのがオススメ。
猛暑ならまだしも、まだこの時期、
冷たい飯って、なんかメゲるんですよね。

ロカボは味付けもあっさりの物が多く、
食べた気がしないってなるかもしれませんが、
ビビンバベースなので、味付けが濃く、
さらに、コチュジャンもお好みでかけられるので、
物足りないって事はないです。
逆に、濃いと思うぐらいで。

このほか、もう一品、ロカボ牛麺というのもあります。
こんにゃく麺の、肉キツネうどん的な感じの物。
あっさり味がいいのなら、そちらがいいかも。

ロカボ中なのに外食しなければならない人!
まずは、すき家を探そう。

Pocket
LINEで送る