低糖質ダイエットの参考書

低糖質ダイエット為に買った本は、
山田悟の「世にも美味しいゆるやかな糖質制限ダイエット」
ライザップ本とも比較してみたのですが、
こちらの方が、日常生活で実践しやすい事例が書いてあります。

それと、のちに紹介しますが、
近所のケーキ屋さん「エコール・クリオロ」の
低糖質スイーツの監修者であった事。

仕事柄、基本、昼と夜は外食なので、
外食でも続けられるダイエットであるのが大きな理由。

●1食あたりの糖質は、20〜40gにすること
●1日の糖質量は、70〜130g
●カロリーを気にせず、タンパク質、脂質を取る

糖質さえ抑えれば、脂質も食べてOKとの事。
アメリカの心臓学会では、中性脂肪を減らしたいなら、
糖質を抑えて、脂質はある程度食べた方がいいとされてるそうです。

脂質とは、揚げ物というよりも、
肉や魚、ナッツ類の脂質の事。

そうなのか?
まあ、これは自分に都合良く解釈。
これなら、続けられそうではないですか。

その前に糖質の量をおさらいしておきましょう。

【糖質20gの目安】
●ご飯は、小ぶりの茶碗に半膳
●パンは、8枚切りの食パン1枚
●スパゲティーは、1/3
●中華麺は、1/3玉
●うどんは、1/4玉

これを踏まえて、基本は主食抜きにする事に。
コメ、パン、パスタ抜きですな。
要は、おかずだけで満腹にしようというもの。

【付け合わせで、気をつけたい糖質の高いものは】
●ジャガイモ、サツマイモなどのイモ類
●カボチャ
●コーン
●グリンピース

洋食の付け合わせで出てくる物ですね。
これらは、避けましょう。

あと、基本、フルーツもダメ。
野菜食べて、フルーツ食べて、ダイエットみたいなイメージあったけど、
結構、スゴイ、糖質の量なんですよね。

と、ザックリこのぐらいを頭に入れて、外食でも糖質オフにする事に。

走るためにガッツリ食べつつも、糖質オフにする。
低糖質ダイエットの、はじまり、はじまり〜!

Pocket
LINEで送る