これは便利!輪行袋マルトRK-02M

秩父

4月24日(月)に、西武秩父駅の隣、仲見世通りのあった場所に、
複合型温泉施設の「西武秩父駅前温泉 祭の湯」がオープンするそうです。

西武鉄道は、「秩父エリアの観光の玄関口」として生まれ変わるとし、
「登山やサイクリングなどのレジャー目的のお客さまをはじめ、
近隣にお住まいの方の身近な温泉としご利用いただける施設」を目指す
…としています。

サイクリングの為の、ラックとか輪行袋預かってくれる場所とか
出来たらいいなあ。

秩父はヒルクライマー達にとっては、楽園的な場所で、
・白石峠から定峰峠へ渡って秩父
・奥武蔵グリーンラインで秩父
・飯能から名栗経由で山伏峠で秩父
と、いろんなアプローチが楽しめます。

で、秩父についたら、わらじカツや、豚みそ丼とか、グルメを楽しんで、
駅前で温泉に入って、ビールでも飲んで、輪行したら最高じゃないですか?
春は秩父ですね!

ところで、マルトの輪行袋がリニューアルされ、新しくなっていました。
これが凄くいいのですよ!
僕は横型は、モンベルを使っているのですが、
その弱点が、ことごとくカバーされています。

●マルトのゴム式フックがついてくる
僕もモンベルの車輪固定フックを、マルトのゴム式に替えていますが、
これが最初からついてきます。
オーストリッチや、モンベルのベルト式と違い、
ゴムを伸ばしてフックにかけるだけなので、めちゃ楽、めちゃ早。

●ハンドルロックベルトがついてくる。
付属のハンドルロックベルトをシートポストとハンドルに
ベルクロを巻いて固定します。
ハンドルって、輪行袋を担いでいる間に
意外とクルっと回って不安定になるので、
ハンドルの固定は嬉しい。

●袋の中に入れ、ジッパーをあげて包むタイプ
モンベルは、上から袋をかぶせて、ひもを絞るタイプですが、
下は完全に塞がれていなくて、穴が空いている状態なので、
うっかりボトルケージや、ツールボックスをつけっぱなしの場合、
穴から落下してしまう事も考えられます。
下から包むタイプなら、落下しても袋の中なので、安心。

●ショルダーベルトがワンタッチ
かつぐ時のショルダーベルトも、
チェーンステーと、ベッドチューブにつけるのだけど、
ベルトを留め金をくぐらせて固定するタイプじゃなく、
フックでパチンとワンタッチで止めるタイプ。楽!

●チェーンカバーがついている
ショルダーベルでかつぐ時に、上部の穴から、
フロントのギアやチェーンが出てしまう事がありますが、
それを隠すカバーつき!

と、見事にモンベル横型の弱点をカバーしているのです。

マジで、これはいいわ!
ロングライドも楽しいのですが、
峠だけ、いくつか楽しみたいとかの時は、輪行がオススメ!
こういう輪行袋で、簡単輪行を覚えてしまうと、
行動範囲が広がるので、マジでオススメです。

Pocket
LINEで送る